健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

1:『測定室だより』Category Archives

『測定室だより』61号(2017年5月30日号)を発行しました❤

『測定室だより』は、年10号、会員通信として発行しています。

❤今号は、2016年度最終の会報となりますので、1年間の測定全数をまとめて掲載をしています。

会員の皆様には、総会のご案内もあり、すでに発送を終えていますが、
万一、まだ、届いていない方は、お手数ですがご一報ください。

『測定室だより』61号

今号に掲載している2016年度全測定一覧表には、
★2016年3月28日~2017年3月31日に静岡測定室で測定をした
 133種、286検体(食品:235検体、環境試料:51検体)の測定結果と

 ●浜松分室で測定をした 5種、7検体(すべて食品)の測定品数を掲載しています。

また、測定の結果、セシウム137、セシウム134を検出した測定結果を一覧にしています。
セシウムを検出した検体は、測定全数293検体中38検体でした。

当室では、セシウムの検出下限値を約1㏃/kgに設定し、測定をしていますので、
食品では、セシウムを検出したもの全てが1~3㏃/kgと、低い値でした。

2016年度セシウムを検出した測定一覧表

❤『測定室だより』は、会員以外のみな様にも、ご希望の方にお届けしています。
 1冊:500円(送料込)です

購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp まで。
   ℡:054-209-2021

❤私たちは、放射能の測定と暮らし方、そして子ども達の健康を守る福島の子ども支援を
 諦めることなく、できる事を続けていきたいと思っています。

 私たちの歩みが、何か皆さんのお役に立つことができれば、幸せです。

今年度(2016年度)も無事、測定活動ができました事は、
測定活動を支援して下さる会員の皆様のお陰です。

心から、感謝しております。

2017年5月24日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』61号(2017年5月30日号)を発行しました❤静岡放射能汚染測定室

既刊の『測定室だより』第39号(2015年3月20日発行)を公開します❤

測定室だより』は、当室の会員通信として発行をしていますが、
会員で共有をし終えた情報を、随時、公開をしています。

『測定室だより』第38号を2016年11月9日に公開して以来、
HPへ公開する作業が止まっていました事を、お詫びいたします。

作業が滞った理由は、
昨年(2016年)10月頃より、電気の送電料(託送料金)に
福島原発の廃炉費用や賠償金を上乗せしようとする経済産業省の動きがあり、
新エネルギーへの切り替えを進める中で、
原発に依存する電気を使う人が少なくなるように願ってきた私たちは、
原発に関係のない新電力にも、託送料金に見合わない料金を支払わなければならないことに驚き、
繋がりのある多くの人たちの力を借りて、託送料金について伝える活動を
全力で取り組んでいました。まさに、全力疾走でした。

それも、市民活動は『時代の中の生もの』である事を実感する期間ではありました。

今回、公開します『測定室だより』第39号は、2015年3月20日発行したものです。

測定室だより39号表紙

39号には、
当室で2015年1月7日~2月13日に測定をした
◆食品:21検体、環境試料:5検体 計28検体の測定結果を掲載しています。

★測定品で、特記すべき事は、
季節柄、収穫期を終えた新物の豆類(おもに北海道産)や、
広島産のレンコン、干し椎茸2検体を測定しています。

静岡産の干し椎茸にも、2015年のこの時期、
セシウム134とセシウム137合計で約21.55~24.75㏃/kgを検出しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日(5月1日)にHPで福島県浪江町の森林火災についてお知らせし、
静岡県、神奈川県、東京都で5月1日の午後から空間線量が上昇している測定値を掲載し、
皆さんに、ガイガーカウンターで空間線量を継続して観測するようにお願いをしました。

結果として、雨による一時的な空間線量の上昇で、福島の山火事に影響されたものではないと分かりましたが、
この39号と前号38号では、静岡市に降った雨を直接採取し、測定をし、
その結果からの考察記事を掲載しています。

空間線量と雨の関係ではありませんが、
雨の汚染が何に由来しているのか、関連がある読み物ですので、
その記事を以下に上げますので、読んでみてください。

自然界にある放射性物質と人工放射能について、整理できると思います

雨に含まれる放射性物質について

★大好評の連載エッセイ 『静岡に住む娘へ』では、
この雨に含まれる放射性物質について、河野さんが書いて下さっています。

河野益近:自然界に存在する放射性物質について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たより39号は、以下のURLで全頁、ご覧いただけます。
             ↓
https://www.dropbox.com/s/tnzwxbvmnvsaxbv/39%E5%8F%B7%E5%8E%9F%E7%A8%BF.pdf?dl=0

  (注):ただし、公開期間は半年(2017年10月まで)とします。
    その後、このデータをご利用になりたい方は、測定室にメールでご請求ください。
    直接、PDFデータをお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、紙面でご利用になりたい場合も、ご一報ください。
当HPで公開しました『測定室だより』第1号~38号は、1号250円(定価500円)送料込でお送りします。

❤申し込み先: mail: ssokuteisitu@yahoo.co.jp
      電話/Fax:054-209-2021 (月~木 10:00~16:00)
       
何らかのお役にたてれば、幸いです。

2017年5月4日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
既刊の『測定室だより』第39号(2015年3月20日発行)を公開します❤静岡放射能汚染測定室

『測定室だより』第60号(4月30日号)を発行しました❤

『測定室だより』は、年10号、会員通信として発行しています。
会員の皆様には、すでに発送を終えていますが、
万一、まだ、届いていない方は、お手数ですがご一報ください。

『測定室たより』60号表紙

今号には、
★2017年1月30日~3月23日に当室で測定をした
 食品:12検体、環境試料:2検体の測定結果を掲載しています。

 季節の果物(ネーブル)や干し芋(御前崎市産)など、地産の季節のものを
 測定できました。

 特記すべき測定は、
 静岡市清水区三保で採取した天然の岩牡蠣を測定することが出来ました。

 結果は不検出でした。
 海が放射能で汚れているのではないか・・と不安に思い、
 海水浴や砂遊びをためらっていたという若いお母さんが、測定依頼をして下さったのですが、
 海岸で生育している牡蠣が不検出であったことで、ひとまず安心しました。
 
★この岩牡蠣の測定スペクトルが、セシウムは不検出ながら、
 ウラン系の放射性物質の存在を示すものでしたので、
 スペクトル図と共に、アドバイザーの河野益近さんのコメントを
 掲載しています。

★毎号、好評の連載『静岡に住む娘へ』(当室のアドバイザーである河野益近さんのエッセイ)は、
 原発の廃炉作業について、放射線量の高い原子炉の処理がいかに困難か、
 数値を上げて、分かりやすく書かれています。

 原発の問題は、事故が起こると大変な事になる・・だけでなく、
 そもそも、廃炉作業は可能なのかおぼろげな疑問を、明快に解説して下さっていまます。 

 毎回、とても有益なお話しになっています。

❤『測定室だより』は、会員以外のみな様にも、ご希望の方には、お届けしています。
 1冊:500円(送料込)です。

購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp まで。
   ℡:054-209-2021

❤私たちは、放射能の測定と暮らし方、そして子ども達の健康を守る福島の子ども支援を
 諦めることなく、できる事を続けていきたいと思っています。

 私たちの歩みが、何か皆さんのお役に立つことができれば、幸せです。

2017年4月30日 
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第60号(4月30日号)を発行しました❤静岡放射能汚染測定室

『測定室だより』第59号を発行しました♪

たより59号表紙


『測定室だより』は、会員通信として発行していますが、
購読ご希望の方には発送しています。

今号には、
★2017年11月22日~1月28日に当室で測定をした
 食品:44検体の測定結果を掲載しています。

 今月の測定は、会員である『こだわりの味協同組合』の認定食品を数多く測定をしました。
 スーパーや量販店で『自然の味』という商標登録で販売している食品を測定し、
 その結果を掲載していますので、お買い物の際、参考にしていただければと思います。

 特記すべき測定は、
 静岡市駿河区で生育した月桂樹の葉を測定し、不検出となった事です。
 月桂樹は、樹齢が長いため、
 311以降、静岡市内で生育した月桂樹もわずかに(セシウム134+137合算で3~6㏃/kg)セシウムを検出していました。

 事故から6年が経ち、静岡市内の常緑樹からセシウムが検出されなくなった事は
 ひとまず、安心しました。

 
★毎号、好評の連載『静岡に住む娘へ』は、当室のアドバイザーである河野益近さんのエッセイは、
 被曝線量1mSvの考え方、基準値は10万人あたりの健康被害の目安である事が
 書かれています。
 
 放射能と放射線量と基準値について、何度聞いても、
 理解が深まり、有益なお話しでした。

★今号では、これから測定室もしっかりと取り組んでいきたいと考えている
 『放射能汚染防止法』の制定活動について、
 4月に静岡県三島市で行われる学習会を主催者さんからの呼びかけも掲載しています。

『放射能汚染防止法』制定の学習会(静岡県三島市)


お時間のある方は、ぜひ、ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

❤『測定室だより』をご希望の方は、以下にお申し込みください。
 1冊:500円(送料込)です。

購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp まで。
   ℡:054-209-2021

❤私たちは、放射能の測定と暮らし方、そして子ども達の健康を守る福島の子ども支援を
 諦めることなく、できる事を続けていきたいと思っています。
 私たちの歩みが、何か皆さんのお役に立つことができれば、幸せです。

2017年3月14日 
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第59号を発行しました♪静岡放射能汚染測定室

『測定室だより』第58号を発行しました❤

『測定室だより』第58号表紙

『測定室だより』は、会員通信として発行していますが、
購読ご希望の方には発送しています。

今号には、
★2016年11月14日~12月8日に当室で測定をした
 食品:56検体の測定結果を掲載しています。

 今月の測定は、会員である『こだわりの味協同組合』の認定食品を数多く測定をしました。
 スーパーや量販店で『自然の味』という商標登録で販売している食品を測定し、
 その結果を掲載していますので、お買い物の際、参考にしていただければと思います。

 特記すべき測定は
 会員さんが行きつけのお蕎麦屋さんの使っているそば粉を測りたいと測定依頼をして下さった事から、
 そのお蕎麦屋さんで使っている産地指定のそば粉を、たくさん、産地別に測らせてもらいました。
 
 産地にも拘ってそばを打っていらっしゃるお蕎麦屋さんだけあって、
 放射能の測定も、むしろ進んで協力して下さった事に、
 誠実なお店である事が嬉しくなりました。

 行きつけのお店が、もっともっと、嬉しいつながりになった事にも
 幸せを感じます❤
 
★毎号、好評の連載『静岡に住む娘へ』は、当室のアドバイザーである河野益近さんのエッセイは、
 原発事故の賠償金のお話です。

 政府も東電も詳細な賠償額を出さず、どんどんその額は多くなっていますが、
 河野さんのエッセイでは、『国家破綻の金額である』とはっきりと書かれています。

 果たしてそれを、誰がどの様に支払っていくのか、しっかりと見ていく必要があります。

❤❤そして、今回の『測定室だより』は、発行予定(2月10日発行)繰り上げて、
2月12日(日)と3月4日(土)の静岡県内リレー❤講演会のお知らせを折り込ませてもらいました。
2月12日(日)静岡会場
多くの個人、団体、企業に参加いただいて、
3月にも決まろうとしている、託送料(送電料)について、経済の専門家である大島堅一さんに
お話を伺います。
そして、完全自由化になったはずの新電力の現状や、
取り組みを伺いながら、
国の審議が終わってしまわない内に、宅送料について、皆さんに知っていただき、
①経産省の委員会で勝手に料金を決められる+ ②原発に関係のない新電力会社にも、
 原発事故の後始末と廃炉費用を負担させようとしている・事について、
 消費者の小さな“つぶやき” をアクションにしたいと思っています。

 是非、時間を作ってご参加ください❤
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

❤『測定室だより』をご希望の方は、以下にお申し込みください。
 1冊:500円(送料込)です。

購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp まで。
   ℡:054-209-2021

❤私たちは、放射能の測定と暮らし方、そして子ども達の健康を守る福島の子ども支援を
 諦めることなく、できる事を続けていきたいと思っています。
 私たちの歩みが、何か皆さんのお役に立つことができれば、幸せです。

2017年1月28日 
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第58号を発行しました❤静岡放射能汚染測定室