健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

BabaToshikoAuthor Archives

About BabaToshiko

測定室代表 馬場利子

2024年6月8日(土)に開催した七沢潔さんの講演会報告  報告:測定室 馬場利子 

去る6月8日(土)、『原発と小さき人々、そしてメディア~能登、福島、チェルノブイリの取材から~』と題して七沢潔さんの講演会を開催いたしました。

6月8日七沢潔さん講演会のチラシ

 この講演会は、静岡県下19の繋がるのある団体に、共催・賛同をいただいて準備を進め、当日はスタッフを含め134人の来場がありました。

満場の会場


 講演会開催の目的は、今年元旦に起こった能登半島地震の震源地:石川県珠洲市高屋地区は、かつて珠洲原発建設計画があり、それを住民の反対運動で中止させた歴史をもう1度振り返り、地震と原発の問題を考える機会にすることにありました。
 もし、珠洲市議会が決めた『原発の誘致』を止められなかったとしたら、珠洲原発は間違いなく大事故を起こしていたことを考えると、建設反対運動を担ってくださった珠洲市の人々の活動によって、私たちの安全が守られたことになります。 
 今講演会では、能登半島地震と原発問題について、1990年のNHKドキュメンタリー番組『原発立地はこうして進む~奥能登地域攻防戦』を制作された七沢さんが、映像記録と共に、ドイツの脱原発運動とドイツの脱原発への政策転換や、福島原発事故後の取材を通しての見地など、豊富な経験と活動を深く語って下さいました。

 当日、参加した方たちは一様に、「原発の建設を止めた地域がこんなにあることを知らなかった」「勇気が出た」「諦めちゃいけないと思いました。」と七沢さんのお話から、大きな勇気と感動を受け取った感想を寄せていただきました。

■参加できなかった皆さまのために、当日の講演の映像記録(64分)をお届けします■

■また、講演会当日、会場にて、
 珠洲原発の建設を止めて下さった『珠洲市高屋地区の皆さん(圓龍寺)への感謝の気持ちと、能登半島地震被災地支援として、支援募金を集めさせていただきました。
会場での支援募金総額は48.340円でした。

講演会会場募金額48.340円

 この珠洲市高屋地区への支援金は、会場の募金に加えて、講演会の余剰金全額(59.099円)を合せた107.439円を、珠洲市唯一の寺:圓龍寺に寄付させていただきます。
 この寄付は、静岡県で開催した『6月8日の七沢潔さんの講演会』に参加した人たちからの、感謝とエールとしてお届けいたします。
寄贈の報告は改めて、お知らせいたします。

講演会開催に協力いただいた皆様、来場して下さったみなさま、ありがとうございました。

2024年6月14日記

#『原発と小さき人々、そしてメディア~能登、福島、チェルノブイリの取材から~』
#七沢潔講演会
#能登半島地震と原発
#珠洲原発建設中止

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
2024年6月8日(土)に開催した七沢潔さんの講演会報告  報告:測定室 馬場利子 静岡放射能汚染測定室

グリーンコープの託送料金控訴審裁判:第4回期日(6月5日:口頭弁論)傍聴及び報告集会zoom参加のご案内

原発にかかる「賠償負担金」と「廃炉円滑化負担金」を経済産業省令によって託送料金に上乗せすることは違法であることを問う裁判の控訴審第4回期日のご案内です。

第1回期日には元電力・ガス取引監視委員会委員長・八田達夫さんの「電力自由化の観点からの二つの負担金の問題点や二つの負担金は本当に公益的課題に対応するものなのか」をテーマにした意見書、
第2回期日には龍谷大学教授・大島堅一さんの「電力自由化の下では二つの負担金は託送料金原価にはならない『制御不能費用』であり、託送料金上乗せは電気利用者からお金を引き出す『打ち出の小づち』のようなもの」とする意見書を提出し、代理人弁護士がそれらをもとに口頭弁論を行いました。

そして、今回の第4回期日(6月5日)には、4人の会計学の学者が共同で作成された「二つの負担金は一般送配電事業の運営のための『適正な原価』といえるのか」という会計学の観点からの見解を意見書としてまとめ提出します。
口頭弁論はその意見書をもとに行います。
弁護団は、第一審では追求できていなかったことを徹底的に深めて毎回意見陳述を行っています。
裁判を応援する私たちも、力強く後押ししていきたいと思います。

2023年3月22日一審の判決を待つ人々


福岡高等裁判所から遠い私たちは、第4回期日への傍聴は難しいと思いますが、
 閉廷後、報告集会が開かれますので、Zoomでの参加も、よろしくお願いいたします

以下、控訴審第4回期日の傍聴と報告集会、zoom参加の要領です。

【第4回期日・口頭弁論】
 【日時】2024年6月5日(水)14時30分~
 【場所】 福岡高等裁判所「101号法廷」

 ※14時頃までに裁判所1階ロビーに集まってください。裁判所の案内があり次第、随時傍聴席に入室していだきます。
 ※閉廷後、弁護士会館に移動し、記者会見・報告集会を行います

【記者会見・報告集会】
 【開催時間】閉廷後15時15分頃~
 【会場】 弁護士会館

【報告集会へのzoom参加について】
 【時間】閉廷後、15時頃~
  【zoom参加】14時30分より入れるよう、zoom設定をしています。

 ★Zoom参加を希望される方は、測定室:✉ssokuteisitu@yahoo.co.jp まで連絡をください。
   Zoomのミーティング IDとパスコードをお知らせいたします。

■違法な電気料金への上乗せは、裁判でしか止めることができません。
 引き続き、裁判に多くの人が関心を寄せることで、裁判所に校正さ審査と判決を求めていきたいと思います。

2024年6月3日記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
グリーンコープの託送料金控訴審裁判:第4回期日(6月5日:口頭弁論)傍聴及び報告集会zoom参加のご案内静岡放射能汚染測定室

6月2日(日)『原子力防災お話会』&『安定ヨウ素剤の自主配布会』開催のお知らせ

測定室の会員である小笠原学さんより、
 6.2「原子力防災お話会」&「安定ヨウ素剤の自主配布会」
   〜子どもたちの健康を守るために〜
の開催のご案内をいただきました。

‥‥呼びかけと催しの概要をお知らせします・・・

 現在日本には54基の原子力発電所があり、12基が稼働中です。
 何かのキッカケで放射能が放出しても、目に見えるものではありません。
 どのような準備ができるでしょうか。どう避難したらいいでしょうか。
 自分たちで身を守るための正しい知識を伝える活動をしています❗️
 自分たちで身の守るための正しい知識を身につけましょう!

6.2原子力防災チラシ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
6月2日(日)『原子力防災お話会』&『安定ヨウ素剤の自主配布会』開催のお知らせ静岡放射能汚染測定室

6月8日(土)開催の七沢潔さんの講演会『原発と小さき人々、そしてメディア~能登、福島、チェルノブイリの取材から~』のお知らせ♦

私たち『静岡放射能汚染測定室』は、今年の6月で測定を再開して13年になります。

2011年6月11日に、測定室の活動を再開した目的は、
 国内で起こった原発事故に対して、
  私たち1人1人が、食べ物や環境の放射能汚染の現状を知り、
   冷静に、適切に対応して暮らす方法を共有するためでした。

そして、13年・・。
 不幸中の幸いというのは正しい表現では無いかもしれませんが、
 静岡近郊の農産物や環境(水、空気、土)には、濃度の高いセシウム134,137の汚染は見られず、
『放射能を測って知ろう』という同じ想いの会員の方たちに支えれれて、現在も日々の測定を続けています。

■ただ、放射能を測定するだけでなく、私たちの願いは・・
 ①原発のない未来
 ②電力の大量消費を見直して、地域で作る自然エネルギーで暮らすこと
 ③起こってしまった原発事故の汚染を拡げないこと・・

そんな活動を続けている中で2024年1月1日に起こった能登半島地震。
 もし、震源地が少しずれていたら志賀原発は大参事を引き起こしていたかもしれません!

■私たちは心から、原発のない未来を願ってできることは何なんだろう・・?
 つぶやき続け、仲間と話し合いを続ける中で、今年の講演会の講師に巡り合いました。
 

6月8日七沢潔さん講演会のチラシ表


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

七沢潔さんがお話をされた映像を観た中で、こんな一言がありました。
 「日本では全国50カ所で原発の建設を止めている」
 

私はこんなに長い間、原発のない社会を望んで活動をしてきたにも拘らず、その事実を知りませんでした。
 衝撃でした!
 自分もどこかで、“国や企業が決めたことは変えられない・・”と思っていたのではないか・・・!!

■七沢潔さんは、静かに、時には笑顔で原発の未来について語っていらっしゃいます。
■取材を通して現実を見続けている七沢さんのお話を、皆さんと一緒に聴いて、【原発のない未来のためにできること】を私たちの中に描きたいと思っています。

お時間を作ってご来場ください。

♦参加券は、共催・賛同の各グループにあります。
  講演会事務局での予約も受け付けます。 ⇒✉ ssokuteisitu@yahoo.co.jp
     

■諦めない、忘れない、そして願いを実現する!!

6月8日(土)13時半より、静岡市生涯学習センター(アイセル21)の大ホールで、お待ちしています。

2024年4月26日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
6月8日(土)開催の七沢潔さんの講演会『原発と小さき人々、そしてメディア~能登、福島、チェルノブイリの取材から~』のお知らせ♦静岡放射能汚染測定室

会報『測定室だより』第99号(3月20日発行号)を、お送りしました。

会報『測定室だより』99号(3月20日号)を郵送、ウエブ会員共に発送をいたしました。

 すでに、皆さまのお手元に届いている頃だと思いますが、万一、受け取っていない方は、お手数ですが、ご一報ください。 
  《連絡先:mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp》

『測定室だより』99号表紙


■今号では、
 ・2023年12月2日~2024年2月2日に測定をした32検体(静岡:食品31検体)(浜松分室:環境試料1検体)の測定報告を掲載しています。

■測定報告では、
 浜松分室で測定をした【北海道石狩産のピートモス】に、わずかに(1.88~2.89㏃/kg)のセシウム137を検出しました。

 このピートモスの測定に関して、1990年5月にフィンランド産とノルウエ―産のピートモスを測定した結果も、補足として掲載をしました。

また、特記すべき記事は、
今年元旦に起こった能登半島地震を受けて、OurPlanet-TVが2024年1月30日に主催した緊急シンポジウム 『能登半島から考える原発のこれから』の映像記録を紹介しています。
 ⇒ 緊急シンポジウム 『能登半島から考える原発のこれから』の第1部『震源地・珠洲の原発計画』(45分)は
   (https://youtu.be/ejixdypBvL4) でご覧いただけます
。⇒

『測定室だより』99号の編集を終えた後、2024年6月に開催する【総会記念講演会】の講師に、
 緊急シンポジウム 『能登半島から考える原発のこれから』でもパネリストとして登壇されている七沢潔さん(NHK在職中は、ディレクターとして主に沖縄、原発、戦争に関するドキュメンタリー番組を制作。退職後、ジャーナリスト・中央大学客員教授)に来静をお願いし、承諾をいただきました。

【総会記念講演会】は6月8日(土)午後に予定をしています。
 詳細が決まり次第、お知らせをいたしますので、ぜひ、お時間を作ってお出かけください。

・・・・・・・
また、『測定室だより』では、すでに、グリーンコープでんき:託送料金取り消し訴訟に公正な判決を求めるオンライン署名のお願いをしていますが、
 今回、原告であるグリーンコープによる手描き署名が開始されました。

 署名用紙を掲載します。
■賛同いただける方は、ダウンロードをして、署名を記載して、直接、グル―ンコープへ送付をお願いします。
⇒署名ダウンロードは、https://www.greencoop.or.jp/gcwp/wp-content/uploads/2024/02/240213_syomei_a4.pdf 

グル―ンコープ紙署名呼びかけ文

■能登半島地震で被災された皆さまの暮らしが1日も早く、落ち着いた日々をなりますように・・・。

2024年3月20日記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
会報『測定室だより』第99号(3月20日発行号)を、お送りしました。静岡放射能汚染測定室