健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

2:測定室からのお知らせCategory Archives

2021年、測定室再開から10年の年が明けました。

新しい年をいかがお迎えでしょうか?
 旧年中も、測定室の活動を支えていただき、ありがとうございました。

コロナ一色だった2020年。
 年の瀬が近づくにつれ、2021年3月11日を想い、この10年を振り返り、
 原発事故と放射能、放射能から身を守るために叶った小さな事柄を数えてみても・・、
 復興とは無縁の現実は、収束しないコロナ禍と相まって、明るい気持ちになれませんでした。

そんな時、若い友人からマスクのプレゼントをもらいました。

東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の松からできた布

♥このマスクは、
 東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の1本松の枝から『コカリナ』(木製の笛)を作り、
 演奏してきた日本コカリナ協会の方たち
が、
 木を布にする技術を持つ繊維メーカーの協力を得て、1本松の木片から布を作り、
 その布で作られたものです。

♥コカリナの教師をしている友人は、
私たちは大きな支援はできないですが、コカリナマスクを販売した収益で、
 熊本豪雨の被災地の方たちに、このマスクを贈らせてもらいました。」・・と話してくれました。

コカリナマスク説明書

「私たちは大きな支援はできないですが・・・」の言葉を聞いて、はっとしました。
 私が気持ちが晴れなかったのは、放射能や原発政策を変える『大きな成果』を期待していたからでした。

 こうして、いろいろな人たちが、困難を乗り越えるために想いを行動に替え、
 『困難を人ごとにしない』『できることで愛を伝える』活動が続いている事に、
 私の小さな独りよがりは吹き飛びました!!!

世界は・人は素晴らしい愛に満ちている・・♥

♥2021年、311から10年になる今年も、
『大きな成果は出せないかもしれないけれど、311を忘れず、
 311だけでなく多くの被災者の方や、コロナで新たな困難を抱えた人たちに想いを寄せて、
 私たちにできることを続けたいと思います。
  

本年もよろしくお願いします。

2021年1月元旦
馬場利子記 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
2021年、測定室再開から10年の年が明けました。静岡放射能汚染測定室

★2020年12月25日(金)~冬休みのお知らせ★

新型コロナウイルス感染拡大により、様々な活動の見直しや変更を余儀なくされた2020年も、
会員の皆さん、測定室のスタッフ、とりわけボランティアスタッフの皆さんの協力で、
今年1年も、変わらず測定活動をすることができました。

普通の事が、普通にできるということが、どれほどありがたいことか、改めて感じた1年でした。

測定室&測定器は、冬休みを取らせていただきます。

2021年は1月6日(水)より、測定を開始いたします。

♦冬休み中の連絡は、メールにて ssokuteisitu@yahoo.co.jp 、または Fax:054-209-2021 まで。

どうぞ、皆さま良いお年をお迎えください。

2020年12月25日記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
★2020年12月25日(金)~冬休みのお知らせ★静岡放射能汚染測定室

【緊急報告】全消費者から、こっそり『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』の徴収(託送料金に上乗せして・・)が始まりました。その違法な制度に「待った!!」10月15日:取り消し訴訟提訴の報告♦

2016年秋、当測定室でも、静岡県内リレー講演会を開催し、
『託送料金に、『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』を託送料金に上乗せして徴収する』政策について学び、
原発による発電を行っていない新電力会社にも、2つの原発負担金が課せられることに、
反対の意志を表明してきましたが、今年(2020年)10月より、実際に、
託送料金に、『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』を託送料金に上乗せして徴収されるようになりました。

これに対して、
2016年より、『託送料金検討委員会』を設けて、国や大手電力会社にも働きかけ、
その違法性を検討してきた一般社団『グリーンコープでんき』が、
10月15日、福岡地方裁判所に、国に対して『託送料金取り消し請求訴訟』を提訴しました。

私、馬場利子も『託送料金検討委員会』のメンバーとして、会議に参加させてもらいましたので、
電気を送電する費用に無関係な『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』を、
国会審議もせず、法律(電気事業法)の改正もしないまま、経済産業省の小委員会で決められた託送料金の取り消しを、
求める裁判を提訴することができた事は感慨無量です。

1新電力のグリーンコープでんきが、グリーンコープ組合員(42万人)が、託送料金問題の学習会や討議を繰り返し、
託送料金に、『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』を上乗せすることは、
電気事業法に規定されない課金であり、見過ごすことはできない!と提訴した訴訟内容を、以下にご紹介します。




託送料金裁判2020年10月15日報告

電気を使用するすべての人から、『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』を託送料金に上乗せして徴収する事が正当で、必要であるならば、
国会で審議し、電気事業法を改正して、行うべきことです。
法律に基づかない託送料金の上乗せを見過ごせば、今後、その金額が幾ら課金されるのかも、分かりません。
この違法な政策を、『知った者が、その真偽を問いただすことは、立憲主義、民主主義の根本を問う裁判』になると思います。

引き続き、託送料金裁判のついて、ご報告していきますので、
皆さんの応援、よろしくお願いいたします。

2020年11月28日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
【緊急報告】全消費者から、こっそり『原発事故賠償負担金』と『廃炉負担金』の徴収(託送料金に上乗せして・・)が始まりました。その違法な制度に「待った!!」10月15日:取り消し訴訟提訴の報告♦静岡放射能汚染測定室

10月25日(日)汚染水海洋放出に向けてのアクションのお知らせ! By 小笠原学(測定室会員)

【緊急・全国同時アクションの呼びかけ】
10.25汚染水の海洋放出反対!海・川クリーンアクション

政府は10月27日に、汚染水の海洋放出を決定する方針です。
汚染水の海洋放出は、海の生態系と福島県民と漁業に甚大な被害をもたらします。
海は全国・世界にも繋がっており、決して他人事ではありません。
汚染水の海洋放出反対と、命の源である水の大切さを訴えるアクションを全国各地で実施する事が出来ればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:10月25日(日) (25日前後も可)

場所:全国各地元の海又は川

内容:海・川のゴミ拾いを行い、プラカード等で「汚染水の海洋放出反対」をアピールし、
   SNS等に投稿する。(可能であれば、メディア取材も依頼する)(1人でも、複数人でもOK)

#汚染水の海洋放出反対

感染予防に注意して下さい。
ゴミは持ち帰りましょう。

取材等がありましたら、このアクションに何組(何名)が実施予定か伝えたいです。
このアクションを実施して頂ける方がいましたら、メッセージをお願いします。

FB公開グループ「汚染水の海洋放出反対アクション」を作成しました。

「汚染水の海洋放出反対アクション」を行った方々は、
こちらのグループにも活動の様子を投稿してもらえますと有り難いです。
https://www.facebook.com/groups/1038915096536366/?ref=share

・・・・・・・

静岡市では、以下の内容でクリーンアクションを実施します。

【10.25汚染水の海洋放出反対!クリーンアクションin用宗海岸(静岡市)】

〈日時〉10月25日(日)11:00〜12:00

〈場所〉用宗海水浴場(静岡市駿河区用宗4丁目17)

用宗海岸

〈内容〉
  11:00〜11:30 海岸のゴミ拾い
  11:30〜12:00 「汚染水の海洋放出反対」について意見交換会

〈持ち物〉
 ゴミ袋・軍手・マスク・トング(もしあれば)・プラカード(もしあれば)
 お子様連れも歓迎です。

〈問い合わせ〉
 090-3954-6563(小笠原)

〈呼びかけ〉
 福島子ども支援基金(代表:松谷清)
 支援交流『虹っ子』(代表:小笠原学)
 原発なくす会(代表:林克)
 浜岡原発を考える静岡ネットワーク・沖基幸 
 原発震災情報連絡センター(代表:松谷清 中山均 佐藤和良)

〈賛同〉
 しゃがの会(市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会・郡山)
 静岡放射能汚染測定室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【測定室補足:10月22日現在、全国で15団体が、このアクションを実施する予定。
       皆さんの地域で、アクションを行われるようでしたら、その情報を小笠原さんまでお知らせください。

想いを現わし、伝え合う行動は、どんなに小さなアクションも未来につながる1歩になる・・そう確信しています】

2020年10月23日記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
10月25日(日)汚染水海洋放出に向けてのアクションのお知らせ! By 小笠原学(測定室会員)静岡放射能汚染測定室

『2021年チェルノブイリ35周年救援カレンダー』のお知らせが届きました。

カレンダーを制作しているのは、チェルノブイリ子ども基金
1996年から、ウクライナとベラルーシで、甲状腺の手術を受けた子どもたちの保養プロジェクトを現地のサナトリウムで開催してきました。

カレンダーの収益は、チェルノブイリと福島原発事故により被災した子どもたちの救援金に充てられます。
2020年版の収益は81万円との事です。

チェルノブイリ救援カレンダー2021

カレンダーは、見開きでA4版。
現地の子どもたちの明るい笑顔と、カラフルな色を意識して写真を撮っているのでしょう・・。
紙面から、とても元気な声が聴こえそうです。

チェルノブイリ救援カレンダー2021

お部屋の一隅に、日々の中で、子どもたちの幸せと健康を祈るカレンダーを置いていただけたら嬉しいです。

小さな支援、カレンダー1部:800円です。

お申し込みは、直接、以下にどうぞ❤

救援カレンダー申し込み先

来年こそ、良い年となりますように・・。

2020年10月18日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『2021年チェルノブイリ35周年救援カレンダー』のお知らせが届きました。静岡放射能汚染測定室