健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

2:測定室からのお知らせCategory Archives

【朝鮮民主主義人民共和国の脅威と核兵器について】小出裕章氏のメッセージ

当測定室のアドバイサーでもある小出裕章さんの
『朝鮮民主主義人民共和国と核兵器とその脅威について』のメッセージをお届けします。

きっと、皆さんもJアラートの速報も含めて、
何かに煽られているような落ち着かない感じを持っていらっしゃると思います。

私たちは、どこかの国を『敵国』とするのではなく、
歴史的な対立や国同士の軋轢を越えて、戦争や紛争のない世界を願っています。

同時に、日本のすべての人が不安や恐怖の中で過ごすことがないように、
安心して暮らせる国を求めて、できる事を続けています。

いまだからこそ、
冷静に、そして、理想主義と言われようと、
公平で誰もが納得できる人権を守る国を実現したいと、切に希望しています。

小出裕章氏メッセージ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメッセージの科学的検証を含めた論文は、長文のため、
11月30日発行予定の『測定室だより』64号に掲載の予定です。

2017年9月25日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
【朝鮮民主主義人民共和国の脅威と核兵器について】小出裕章氏のメッセージ静岡放射能汚染測定室

測定室の夏休みと次号『測定室だより』の発行日のお知らせ❤

連日、暑い日が続いていますが、皆さんもお元気でお過ごしでしょうか?

測定室は、現在、えごまの葉と落ち葉を長時間測定をしていますので、
室温調整のクーラーが入っていて、涼しく過ごせています❤

さて、例年通り、今年も長期の夏休みを頂きます。
♪ ♪ ♪7月28日(金)~8月21日(月)♪ ♪ ♪

ご不便を掛けますが、夏休みの間、測定の依頼等、お急ぎの用がありましたら、
メール(mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp)にて、ご連絡下さい。

❤次号『測定室だより』63号は、9月20日発行予定です。

夏休み

皆さまも、楽しい夏休みをお過ごしください♪

2017年7月26日記
  

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
測定室の夏休みと次号『測定室だより』の発行日のお知らせ❤静岡放射能汚染測定室

本年4月29日に発生した福島県浪江町で発生した山林火災に関する要請書への賛同の呼びかけがありました!

当HPでも4月29日に浪江町で発生した山林火災に関して、
居住する地域で空間線量の測定をして、飛散の有無を観察するように呼びかけをしましたが、
その後、現地で、放射能の飛散調査を、エアダストサンプラ調査、リネン吸着法 調査で測定し、
その報告も公開され、飛散が広域に観察されています。

この山林火災については、その後の報道も全くと言っていいほど無く、
飛散したと思われる地域の人々も、再被曝を予防して過ごしているのか、
遠方の静岡では、知るすべもありませんでした。

今回、エアダストサンプラ調査、リネン吸着法 調査を実施した市民団体を中心に、
福島県の対して要請書を提出するに当たり、賛同の呼びかけがありました。

以下にその内容を転載いたします。
ご検討下さい。

________________ 以下 呼びかけ文______________

◆浪江町山林火災についての要請

締め切り:7月18日(火)15:00
※翌日の19日に福島県に提出します。

【よびかけ団体(あいうえお順)】
NPO市民放射能監視センター(ちくりん舎)
風下の会
国際環境NGO FoE Japan
南相馬・避難勧奨地域の会
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
放射能ゴミ焼却を考える福島連絡会

【賛同団体】
グリーン・ピース・ジャパン他

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・要請書・・・・・・・・・・・・・

内堀雅雄 福島県知事 殿
福島県危機管理部 殿

2017年4月29日浪江町十万山で発生した山林火災は鎮火までに12日間を要し、
消火活動にあたった陸上自衛隊によれば、「過去最大規模」の派遣活動を必要とする大規模なものでした。
この火災は帰還困難区域内で除染されていない山林であり、
放射線被ばく防護をしながらの困難な消火活動にあたった自衛隊、地元消防の皆様をはじめとする関係者のご苦労に敬意を表します。

 この山林火災は帰還困難区域で発生したため、火災による上昇気流による灰の舞い上がり、
燃焼による煙、ガスに含まれる放射性物質が大気中浮遊塵として周囲に拡散したことは、
福島県が十万山周辺に設置したエアダストサンプラ調査からの結果で明らかです。

 今回の山林火災に際して市民団体が継続調査中のエアダストサンプラ調査、リネン吸着法 調査では、火災による大気中浮遊塵の放射能拡散は広範囲におよび、居住地である現場から北方約17kmの南相馬市原町区馬場、北方約9kmの浪江町吉沢牧場、南西約14kmの田村市都路などで平常時の4倍から5.6倍程度の大気中浮遊塵のセシウム濃度の上昇が確認されました。

 放射性物質の吸引による内部被ばくについては、水に溶けない形で肺胞に長期にわたり留まる危険性 、体内での局所的な被ばくによる危険性 などが指摘されています。

今後長期にわたり放射能汚染と向き合いながら生活せざるを得ない住民にとって山林火災や除染廃棄物火災、福島第一原発の事故対応工事などによる大気中浮遊塵の放射能レベルの上昇は、今後とも大きな懸念と不安要因として存在し続けます。

福島県当局に対しては以下を要請するものです。
(1)帰還困難区域内をはじめとする除染されていない山林での山林火災防止策、延焼拡大防止策、避難基準の策定。
(2)火災時における緊急時エアダストサンプラ調査体制の拡充と速やかな調査結果の公開。
(3)福島県が実施しているダストサンプラ調査結果の随時公開(オンライン化)、調査個所の拡充。
(4)消火活動従事者、住民に対しての放射線防護の情報提供と防護策の実施

____________________________________________

以上です。

上記の要請に賛同される方は、以下のURLより、賛同フォームに入れますので、
ご覧ください。               ↓

              短縮URL :   https://goo.gl/mgQAWu  
         
◆測定をする事と、その結果を共有し、行政に必要な提案を行う大切さを改めて感じます。
現地の市民団体の皆さんの働きに、心から感謝いたします。

皆さんも思いを行動に現していただければ、嬉しいです◆

2017年7月15日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
本年4月29日に発生した福島県浪江町で発生した山林火災に関する要請書への賛同の呼びかけがありました!静岡放射能汚染測定室

既刊の『測定室だより』第40号(2015年4月30日号)全頁を公開します❤

測定室だより』は、当室の会員通信として発行をしていますが、
会員で共有をし終えた情報を、随時、公開をしています。

今回、公開します『測定室だより』第40号は、2015年4月30日発行したものです。

測定室だより40号表紙絵

40号には、
当室で2015年2月17日~3月18日に測定をした
◆食品:31検体、環境試料:4検体 計36検体の測定結果を掲載しています。

★測定品で、特記すべき事は、
静岡産の干し椎茸にも、2015年のこの時期、
セシウム134とセシウム137合計で約21.55~24.75㏃/kgを検出しています。

その為、干し椎茸で測定をした2検体を水に戻して、
戻し汁と戻した椎茸を測定し、結果を報告しています。
調理の参考にしていただければ、嬉しいです

干し椎茸2検体を水に戻して測定をした結果

その他には、河野益近さんの連載エッセイ『静岡に住む娘へ』で、
自然放射線と人工放射線について、書いて下さっています。
放射能を考える時、必読の知識です❤

たより40号全文はは、以下のURLで全頁、ご覧いただけます。
             ↓
         https://goo.gl/wxGeKr

今号は編集上の不備で、PDFデータの3頁が白紙になっていますが、
頁の欠落ではありませんので、ご了解ください。

  (注):公開期間は半年(2017年11月まで)とします。
    その後、このデータをご利用になりたい方は、測定室にメールでご請求ください。
    直接、PDFデータをお送りします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、紙面でご利用になりたい場合も、ご一報ください。
当HPで公開しました『測定室だより』第1号~40号は、1号250円(定価500円)送料込でお送りします。

❤申し込み先: mail: ssokuteisitu@yahoo.co.jp
       電話/Fax:054-209-2021 (火~木 10:00~16:00)
       
何らかのお役にたてれば、幸いです。

2017年7月14日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
既刊の『測定室だより』第40号(2015年4月30日号)全頁を公開します❤静岡放射能汚染測定室

『測定室だより』第62号(2017年6月30日発行)を発送しました❤

『測定室だより』62号表紙

『測定室だより』は会員通信として発行し、毎号、直接、会員の皆さんにお届けしています。

❤第62号は、すでに会員の皆さんのお手元に届いている頃だと思いますが、
万一、届いていない場合は、ご一報ください。

❤なお、62号は、2017年度の会報になりますので、4月、5月の会員継続手続きがお済でない方は、
今年度も測定活動をご一緒していただけるようでしたら、会費の納入をお願いいたします。

年会費は
団体会員:5000円
会員・情報会員・旧会員(1988年以来の会員):3000円です。

❤今号には、
2017年4月24日~5月24日の間に測定を行った食品5検体と、環境試料4検体の測定結果
連載エッセイ『静岡に住む娘へ』第59回などと共に、
6月8日(木)午後に開催しました第6回『測定室総会』の報告と
総会後の懇親会の報告を掲載しております・

今後の測定室の活動について、活発に意見交換をしていただきました様子を、
みな様にお伝えしています。

❤この『測定室だより』は、会員通信ではありますが、ご希望の方には購入していただけます。
  1冊:500円(送料込)です。

  購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp 
         ℡:054-209-2021   まで、ご連絡ください。

福島原発事故から6年経った今、私たちに出来る事、
実現したい事をこれからも、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
見えない放射能ですが、心を傾けることで、少しでも安全に、共に暮らす方法が見えてきます。

❤忘れない ❤諦めない ❤智慧を分かち合う・・をご一緒下さい。

2017年6月30日
馬場利子記 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第62号(2017年6月30日発行)を発送しました❤静岡放射能汚染測定室