健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

活動記録Category Archives

熊本地震、3.11瓦礫問題・街頭募金、幸せお届け便など

3月6日(日)「311を忘れない」チャリティ・イベント『福島原発事故の教訓と原子力防災』のご案内♥

『測定室だより』88号にもチラシを折り込み、ご案内をしていますが、
3月6日(日)14時~16時のチャリティ企画のお知らせをいたします。

お話は、当室の会員でもあり、「311をわすれないin静岡」の小笠原学さんです。

FBのライブ配信もありますので、お時間のある方はご参加ください。
会場参加の方は、申し込みが必要です。

♦当日はヨウ素剤の配布や朗読、舞など、多くの人がチャリティイベントに協力して行われます。

東日本大震災、福島原発事故の被災者の方がたは、まだ、多くの困難や痛みを抱えて暮らしています。
私たちも、決して忘れられることのできないこの311に繋がり続けたいと思います。

2022年3月1日
馬場利子記

#311をわすれないin静岡
#ヨウ素剤配布会

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
3月6日(日)「311を忘れない」チャリティ・イベント『福島原発事故の教訓と原子力防災』のご案内♥静岡放射能汚染測定室

12月18日(土)開催:「3.11を忘れない」チャリティーイベントのお知らせ♥

♥チーム「3.11を忘れない」(https://www.facebook.com/2011.3.11wasurenai/)さんより、Zoomイベントのお誘いをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『3.11から10年 福島の今とこれから』
      ~子どもたちの未来を守るために~

3.11から10年以上の月日と、長引くコロナ禍もあり、福島原発事故の風化が進んでいます。
しかし被害や課題はまだ残されています。
日本では未だ一般被ばく限量を20倍に引き上げたまま、帰還政策を強要し、福島県内の小児甲状腺がんは、疑いも含めて287名以上と増え続けています。

「3.11 を忘れない」
この言葉にはいろんな思いが込められています。
震災から10年9ヶ月となるこの日、福島の現状を知り、想いを共有するオンラインお話し会&シェア会を開催させて頂きます。

【日時】12月18日(土)13:00~15:00
【配信】Zoomミーティング
【参加費】無料(お気持ちカンパを頂けますとありがたいです)
【申し込み】
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZAldOCrpz0iGdyFyzpFJ60SaAdxhJMaIkYE
【問い合わせ】m_ogasa2000@yahoo.co.jp・090-3954-6563(小笠原)
【主催】チーム「3.11を忘れない」

【トークゲスト】
◇「3・11甲状腺がん子ども基金」代表理事:崎山比早子さん
◇「福島原発刑事訴訟支援団」団長:佐藤和良さん
◇「子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト」編集責任者:石田伸子さん、編集チーム:根本淑栄さん

今回皆様から寄せて頂きましたお気持ちは、
小児甲状腺がんとなってしまった子ども達を支援する「3・11甲状腺がん子ども基金」と、
放射能から健康を守るための情報発信をしている「子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト」と、
「福島原発刑事訴訟支援団」へ寄付させて頂きます。

【ご寄付 口座振込先】
 ■ゆうちょ銀行 
  記号:12330 番号:61148201 加入者名:311を忘れない
 ■他銀行から振り込む場合は
  店名:二三八(読み ニサンハチ)店番:238 普通預金 口座番号:6114820
 口座名 サンイチイチヲワスレナイ

<寄付先団体紹介>
○「3・11甲状腺がん子ども基金」http://www.311kikin.org/ 
 3.11以降、報告数が増えている小児甲状腺がん。
 告知された子どもと家族は孤立し、診察や通院費用などで経済的に困窮しがちです。
 進学、就職、結婚、出産などで壁にぶつかる子もいれば、再発や転移により、
 一生、治療と向き合うようなケースも出ています。
 私たちは、経済的支援はもちろん、多様かつ継続的に甲状腺がんの子どもたちを支援するとともに、
 原発事故による健康影響の状況調査等も視野に入れて取り組みます。
  
○「子どもたちの健康と未来を守るプロジェクト」
http://kodomotatinomirai.livedoor.blog
 2011年3月11日の原発震災のあと、福島を中心に、お母さんたちのサロンや勉強会・座談会、健康相談会や保養活動などを行ってきました。
 2016年からは福島から発信する情報誌『こどけん通信』を季刊で発行しています。

○「福島原発刑事訴訟支援団」 https://shien-dan.org/
 東京電力福島第一原子力発電所の事故により被害を受けた住民らが「福島原発告訴団」を結成し、2012年に東電役員らを刑事告訴。
 検察庁は2度にわたり全員を不起訴としますが、市民による検察審査会が「強制起訴」を決める議決を発表。
 ついに事故を起こした者の責任を問う刑事裁判が開かれることが決定しました。
 この裁判は事故の真実を明らかにし、再び同じような悲劇を繰り返さないために、真の被害者救済に繋げるために、とても重要な裁判となります。
 「福島原発刑事訴訟支援団」は公正な裁判を支え、その行方を見つめ広く発信しています。

【賛同団体】
 原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、NPO法人ふくしま30年プロジェクト、東日本大震災避難者の会Thanks&Dream、ひなん生活をまもる会、NPO法人ライフケア、しゃがの会、市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会、脱原発の日実行委員会、脱被ばく実現ネット、福島応援プロジェクト茨城、チェルノブイリ法日本版の会・調布、たんぽぽの綿毛の会、東はりまゆるわくキャンプ、生活協同組合パルシステム静岡、福島子ども支援基金、静岡放射能汚染測定室、静岡YWCA、原発震災を防ぐ風下の会、家庭科放射線授業づくり研究会、佐野医院、グループ・しみず、静岡・沖縄を語る会、原子力いいんかい?@伊東、子どもたちを放射能から守る伊豆の会、しずおかハートNet、うちっちも安定ヨウ素剤配るっち、公平な放射線教育を考える会@しずおか、311を忘れないin静岡


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご都合を合せて、ご参加ください。

2021年11月6日記

#311を忘れないin静岡
#福島原発刑事訴訟支援団

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
12月18日(土)開催:「3.11を忘れない」チャリティーイベントのお知らせ♥静岡放射能汚染測定室

” 311を忘れないin静岡”街頭募金活動のお知らせ❤


元気なだけが取り柄の私ですが、2011年3月11日・12日の東日本大震災以来、
毎年、3月が近くなると、頭の回転が停止したように空白になり、心が深山の湖水のようにさざ波も起こらなくなります。
辛いとか、悲しいとか苦しいのではなく、静かに止まった時のように、
私自身が日常生活の音から離れて、座しているようです・・・。

そんな中でも、福島の子どもたちを思い、アクションを続けてくださっている” 311を忘れないin静岡”の街頭募金。

忘れていないよ・・。
祈っているよ・・。
未来を創る気持ちをつなごう・・・。

色々な想いを胸に、311から10年目のアクション、祈り、瞑想・・が繋がる時間をご一緒ください。

2021年3月10日     馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
” 311を忘れないin静岡”街頭募金活動のお知らせ❤静岡放射能汚染測定室

2021年、測定室再開から10年の年が明けました。

新しい年をいかがお迎えでしょうか?
 旧年中も、測定室の活動を支えていただき、ありがとうございました。

コロナ一色だった2020年。
 年の瀬が近づくにつれ、2021年3月11日を想い、この10年を振り返り、
 原発事故と放射能、放射能から身を守るために叶った小さな事柄を数えてみても・・、
 復興とは無縁の現実は、収束しないコロナ禍と相まって、明るい気持ちになれませんでした。

そんな時、若い友人からマスクのプレゼントをもらいました。

東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の松からできた布

♥このマスクは、
 東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の1本松の枝から『コカリナ』(木製の笛)を作り、
 演奏してきた日本コカリナ協会の方たち
が、
 木を布にする技術を持つ繊維メーカーの協力を得て、1本松の木片から布を作り、
 その布で作られたものです。

♥コカリナの教師をしている友人は、
私たちは大きな支援はできないですが、コカリナマスクを販売した収益で、
 熊本豪雨の被災地の方たちに、このマスクを贈らせてもらいました。」・・と話してくれました。

コカリナマスク説明書

「私たちは大きな支援はできないですが・・・」の言葉を聞いて、はっとしました。
 私が気持ちが晴れなかったのは、放射能や原発政策を変える『大きな成果』を期待していたからでした。

 こうして、いろいろな人たちが、困難を乗り越えるために想いを行動に替え、
 『困難を人ごとにしない』『できることで愛を伝える』活動が続いている事に、
 私の小さな独りよがりは吹き飛びました!!!

世界は・人は素晴らしい愛に満ちている・・♥

♥2021年、311から10年になる今年も、
『大きな成果は出せないかもしれないけれど、311を忘れず、
 311だけでなく多くの被災者の方や、コロナで新たな困難を抱えた人たちに想いを寄せて、
 私たちにできることを続けたいと思います。
  

本年もよろしくお願いします。

2021年1月元旦
馬場利子記 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
2021年、測定室再開から10年の年が明けました。静岡放射能汚染測定室

【緊急報告】勇気が湧くご報告:2020年10月15日(木)送電料(託送料金)の違法性を問う裁判が提訴されます。

“たった1人でも、裁判を起こしてでも、託送料金の不合理を表明したい!!”と願った想いが、叶う時が来ました。

10月15日(木)、託送料金裁判提訴のお知らせです♥

電気料金の中に含まれている託送料金(送電料)に、【福島原発賠償金】と【廃炉費用準備金】を、
上乗せして、すべての電気の使用者から徴収することが国の委員会で議論され、
パブリックコメントが求められたのが、2016年秋。

♦この託送料金の上乗せは、原発に頼らない自然エネルギーによる発電を行っている新電力にも、
 一律、原発を利用して利益を得てきた大手電力会社が支払うべき廃炉費用を負担させる・・
 全く理不尽なものでした。

♦国の方法は、今後も原発を温存し、原発企業(大手電力会社)が本来、負担すべき経費を、国民全体に支払わせようとするものです。

■この問題は、国会の決議を経なくても通ってしまう省令で決められようとしていたため、
 この不条理を広く知っていただくために、私たち測定室は、

 2017年2月・3月に、県内の多く団体の力をお借りて、
託送料金を考える『送電料・新電力を知ろうハート静岡県リレートーク』を開催しました。

2017年に開催した『託送料金静岡県内リレー講演会』のチラシ

このリレー講演会に、九州から参加して下さったグリーンコープ市民電力が、
 10月15日『託送料金裁判』を国と九州電力を相手に、2つの裁判を提訴します。

  

10月15日、福岡地方裁判所に提訴する裁判チラシ1

 2017年のリレー講演会で、グリーン市民電力の方たちに、
託送料金の欺瞞と不正義を共有していただくことができ、

2017年秋から、グリーンコープ共同体による『託送料金検討委員会』が設置され、
 私も正式に検討委員として、参加させてもらってきました。

 以後3年間に18回の検討委員会の中で、裁判に踏み切る議論になり、
検討委員会のメンバーである弁護士さんたちが法律的な訴訟要件の整理が進み、

 今年2月、九州・中国地方、兵庫県・大阪府・滋賀県に住む42万人のグリーンコープ組合員による臨時総会が開催され、
 裁判を提訴する事が、決議されれました。

 
 

臨時総会で、承認された『託送料金裁判の訴訟論点』


訴える相手は、国と九州電力の2者です。

♦この託送料金検討委員会は、【最初に裁判ありき】で、議論された訳ではなく、
 『国(経済産業省)への働きかけ』や『大手電力会社への質問や要望』を伝え続け、
 託送料金の不当性を伝える活動を続けてきました。

経済産業省への働きかけの経緯


大手電力会社への働きかけの経緯 と訴訟の意義


国に対しては、託送料金の省令の取り消し訴訟です。
託送料金返還(不当利得返還)の民事訴訟は、九州電力を相手に行います。

詳しい訴状などは、10月15日提訴後に、また、お届けしますが、
この裁判については、グリーンコープHPに『託送料金を問う』
 https://www.greencoop.or.jp/takuso-ryokin/ に、訴訟までの経緯を詳細に報告があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年10月から徴収される託送料金は、原発事故を起こした電力会社を守り、
電力の自由化で自然エネルギーで脱原発を実現しようと参入した新規電力会社の電気料金にも、原発の賠償金や、原発の廃炉費用を上乗せして徴収しようとする国の呆れた暴挙です。

国会の議事録や電力小委員会での、結論の捻じ曲げなど、裁判で主張するに充分すぎる資料を揃えての提訴です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この訴訟を提訴するのは、グリーンコープ電気(社団法人:グリーンコーク連合 44万人の会員)ですが、託送料金は、電気を使うすべての人に関係する不合理性を問うものです。

私自身には、裁判を起こす力も知識もありませんが、
不正義と詭弁にたいして、組織として抗弁する決断をしてくださったグリーンコープ共同体の存在は、
『大きな勇気と、希望』です。

託送料金提訴の告知チラシ

■10月15日(木)には、私(馬場)もこの新しい1歩を踏み出す場に、立たせてもらいます。

■この裁判を提訴するの当たり、
 全国の同じ想いの人たちが応援できるように『グリーンコープの託送料金訴訟を支える会』が準備されました。

歴史の中に、市民の想いを刻む裁判を一緒に応援して下さい!!
よろしくお願いします。

2020年10月13日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
【緊急報告】勇気が湧くご報告:2020年10月15日(木)送電料(託送料金)の違法性を問う裁判が提訴されます。静岡放射能汚染測定室