健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

『測定室だより』第85号(2021年5月20日号)を発行しました。


『測定室だより』は測定室の会報として発行しています。

すでに、会員の皆さんには、お手元に届いていると思いますが、
万一、まだ、受け取っていない方は、ご一報ください。
 《連絡先:mail:ssokuteisiru@yahoo.co.jp 》

今号は、2020年度の最終号となりますので、
2020年度1年間で測定した測定一覧を掲載しています。

♦また、2020年度1年間で、セシウム137を定量した測定結果を一覧にして報告しました。

食べ物では、干しシイタケに、その他は環境試料の土や薪ボイラーの灰などに汚染は観られましたが、
1年間195検体の測定の中で、11検体ですので、広い汚染が観られなかったのは幸いでした。

♦今号では、6月12日(土)の測定室の総会のお知らせと、総会記念講演:小出裕章さんの講演会のお知らせを掲載しています。

■この『測定室だより』は会報として発行していますが、
 購読をご希望の方には、1部500円(送料込)でお送りしています。

★年間購読料(6号/年)は3000円(会員の方の測定料は、一般の測定の半額以下になっています)です。
  
購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp 
       ℡&fax:054-209-2021       まで、ご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

安心の基準は、1人1人が起こっている事を知ることから、考え、選択していくものだと思います。

同じ想いの人が集う、市民測定室の活動を支えて下さる皆さんに感謝して、
これからも、『知ることから始める暮らし』を続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

2021年5月14日
馬場利子記 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第85号(2021年5月20日号)を発行しました。静岡放射能汚染測定室

グリーンコープでんき:託送料金取り消し訴訟第2回(2021年4月19日)口頭弁論(意見陳述)の報告

測定室の会報でも、ご報告している『託送料金取り消し訴訟』の第2回口頭弁論の報告を、
グリーンコープでんき託送料金裁判のホームページ(https://www.greencoop.or.jp/takuso-ryokin/soshokeikahokoku/)より、転載をさせていただきます。

以下引用文は、グリーンコープ託送料金裁判のホームページを原文のまま転記しています。

【第2回期日】
 被告(国)からは2021年3月31日付で第1準備書面と第2準備書面が反論として提出されており、
それを受けて原告(グリーンコープでんき)代理人である小島弁護士が意見陳述を行いました。

なお、詳細な反論は次回期日で行うこととし、今回は要点のみの意見を陳述しました。
 小島弁護士からパワーポイントを使って説明がありました。意見陳述の要点は、
「被告の第1準備書面において、『原価の意味』と『一連の規定は手続的事項を定めた執行命令であるとの主張』には大きな誤りがある」という2点で、
なぜ誤りなのかを簡潔に明快に述べられました。

 今回の法廷の場で、裁判所から国に対し、「国の第2準備書面(原告適格=グリーンコープでんきに原告の資格はないとの主張)について、
国は『ない』と主張する論拠を示してほしい」という指摘をされました。
 それについては、6月25日までに国は「原告適格が認められない」という主張を補完する書面を準備することとなりました。
あわせて原告は、国の第1準備書面への本格的反論書面を準備することになっています。
それらの書面がそろった7月5日(月)に第3回期日が開かれることになりました。
 
なお、新型コロナウイルスの関係もあり、裁判所から次の期日はWEBでの開催ではどうかとの打診がありました。
それに対し、原告弁護団より「傍聴者といっしょに開けた口頭弁論を望む」という申し入れを行い、
今回同様法廷での開催となりました。(※コロナ感染状況によっては再相談があるとのことです)

↓ :「託送料金変更認可決定取消」を求める裁判の第2回口頭弁論後の記者会見の様子を動画で見ることができます。

【記者会見・報告集会】
 閉廷後、弁護士会館に移動し、弁護団、傍聴参加者(30余名)、オンライン参加者(15名)で記者会見とミニ集会を行いました。

 まず小島弁護士から意見陳述に関する詳細な説明があり、記者からの質問への応答が行われました。

 ミニ集会では傍聴参加者から感想や思いが出されました。
 今回は、グリーンクラブ(グリーンコープと取引のある納入業者の会)から2名が傍聴に参加され感想を述べられました。
 また、オンライン参加者からの発言もあり、会場はこの裁判への意気込みに満たされていました。

・・・・・・・・以上・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回、7月5日(月)の第3回期日も引き続き、皆さんにご報告していきます。

■この取り消し訴訟は、原告のグリーンコープでんきのみに関わる訴訟ではなく、
 経済産業省の省令のみで、国会審議を経ず、原発とは無縁の新電力会社にも託送料金に、
『原発事故賠償負担金』と『廃炉円滑化負担金』を上乗せして支払わせようとする政策の違法性を問う裁判です。

この裁判は、原発の安全性や倫理を問う裁判ではなく、
 託送料金を決めている電気事業法に明記されていない費用を、託送料金として計上する政策の取り消しを求めるものですから、
 裁判に勝てば、すべての発電事業者が支払う『託送料金』が変わります!!

原発を温存するためだけに、姑息的に決められら『託送料金』をこのまま放置すれば、
今後、この費用(『原発事故賠償負担金』と『廃炉円滑化負担金』)は40年間、電気使用者が負担していくことになります。

原発政策を見直すために、測定室では、グリーンコープでんき託送料金裁判に関心を持ち、
支援を続けたいと思っています。

2021年5月10日
馬場利子記
 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
グリーンコープでんき:託送料金取り消し訴訟第2回(2021年4月19日)口頭弁論(意見陳述)の報告静岡放射能汚染測定室

報告が大変遅くなりましたが、4月20日に『測定室だより』第84号を発行しました。

『測定室だより』は測定室の会報として発行しています。

すでに、会員の皆さんには、お手元に届いていると思いますが、
万一、まだ、受け取っていない方は、ご一報ください。
 《連絡先:mail:ssokuteisiru@yahoo.co.jp 》


♦『測定室だより』第85号の編集を終え、
 測定室の総会のご案内や、総会資料、規約改正の提案など、
 測定室再開10年を経て会員の皆さんから頂いたアンケートへのお返事に
 励まされ、山積みの会報を発送し終えた昨日(5月6日)!!
 はたと、『測定室だより』84号の発行の報告をしていなことに、気づきました!!

『測定室だより』84号では、
 ♦測定室の運営や今後の活動について、会員の皆さんにご意見を伺うお願いを書いています。
 ⇒その結果を、『測定室だより』85号に報告し、総会で議案を作りました。

■繰り返しになりますが、万一、『測定室だより』84号を受け取っていない方がありましたら、
 ご一報ください■

♦今号の特記すべき記事は・・

⇒放射能を除去する浄水器に限らず、除去フィルターを適切に交換しないと
 浄水器の機能を果たさない(浄水効果が得られない)ことを、放射能の測定から、観察し、
 報告しました。

♦好評の河野益近さんの連載エッセイ『静岡に住む娘へ』は、
 2021年3月1日に福島地方裁判所で判決が降りた『子ども脱被ばく裁判』について書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■この『測定室だより』は会報として発行していますが、
 購読をご希望の方には、1部500円(送料込)でお送りしています。

★年間購読料(6号/年)は3000円(会員の方の測定料は、一般の測定の半額以下になっています)です。
  
購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp 
       ℡&fax:054-209-2021       まで、ご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

安心の基準は、1人1人が起こっている事を知ることから、考え、選択していくものだと思います。

同じ想いの人が集う、市民測定室の活動を支えて下さる皆さんに感謝して、
これからも、『知ることから始める暮らし』を続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

2021年5月7日
馬場利子記 

 
 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
報告が大変遅くなりましたが、4月20日に『測定室だより』第84号を発行しました。静岡放射能汚染測定室

6月12日(土)13:00~16:00 焼津会場のビューイングも決まりました❤あなたの地域でも小出裕章氏講演会をZoom・パブリックビューイングで開きませんか?

静岡市では、コロナ禍でも福島原発事故から10年の現状を共有し、
 これから私たちに何ができるか、会場参加人数を制限して、講演会の準備を進めています。

会場での参加可能人数は、45名。
多くの人に参加いただきたいと願って、Zoom配信で参加いただけるようにしています。

そんな中、講演会の賛同団体である『さよなら浜岡原発・焼津市民の会』より、
「Zoomを使えない人もあるので、集まってZoomを観る会を開きたい」という嬉しい提案をいただき、
 感激しました。

♦焼津会場主催は、『さよなら浜岡原発・焼津市民の会』
・・・・・・・・・・・・・・・・
 日時は当然:6月12日(土)13:30~16:00(開場13:00)
 会場:焼津公民館3F第3会議室
     (焼津市本町5-6-1・固定電話626‐0888)
 参加費:300円
 定員:20名(要 参加申し込み・杉本080‐2621‐1159へ)
・・・・・・・・・・・・・・・


■皆さんの地域でも、
6月12日(土)13:30~16:00と日時が決まってはいますが、
ご都合と、Zoom環境が整えば、ぜひ、【zoom・パブリックビューイング】をご検討くださいませんか?。

Zoom参加費は、500円。
地域の参加費は、地域で自由に決めて下さい。参加人数による事務局への追加料金は不要です。

多くの方に『福島原発事故から10年の今と、これから』を一緒に考えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

♦①Zoom参加申し込みは  https://forms.gle/rmYDxABCaPWoyGBy9
                         ↑
                 URlを開いていただくと申込みフォームがでます。

参加申し込み方法


 
 ②Zoom参加を申し込まれた方には、参加のZoomURLをお知らせします。
   
 ③ZoomURLは、6月10日(木)にお知らせします。

  【zoom・パブリックビューイング】を開催していただける方は、事前に視聴確認をされる場合は、
     講演会事務局(測定室) mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp にご連絡ください。
        

♦汚染水海洋放出・福島原発廃炉作業など、課題は山積みです。

 皆さんと一緒に、私たちができることを考えたいと願っています。

2021年5月1日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
6月12日(土)13:00~16:00 焼津会場のビューイングも決まりました❤あなたの地域でも小出裕章氏講演会をZoom・パブリックビューイングで開きませんか?静岡放射能汚染測定室

福島原発刑事訴訟支援団より、明日(4月25日)Zoom「さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利をめざす集会」のお知らせ❤

福島原発事故から10年経った今も、各地で継続して、様々な裁判が継続して行われています。

私たちは全てに参加することはできませんが、
それぞれの場で、同じ願いで行動をしてくださっている人たちと繋がり、エールを送ることで、
歴史の中で『市民が作る社会を実現する』たゆみない1歩を共に歩むことができます。

4月25日(日) 14:00~16:00 お時間がありましたら。
 Zoomで、『まずは、知ることと繋がること』を!

ZOOMを使用したオンライン集会です
 当日時刻になりましたら、下記URLよりご参加ください。
 https://us02web.zoom.us/j/82610803942?pwd=RHEzb2c5TzljS0RGeEl2eWYvSEd6dz09

 ID:826 1080 3942
 パスコード:999144

*事前の申込みは必要ありません。
*集会の参加費は無料です。

■福島原発刑事訴訟支援団(https://shien-dan.org/)からの呼びかけを以下に記します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利をめざす集会」
 指定弁護士が控訴をしてから1年4か月、いよいよ今年、控訴審が始まる見込みです。
 不当判決を覆し、原発事故の罪を認めさせるため、2021年も力を合わせていきましょう!

【日時】 2021年4月25日(日)14:00〜16:00

* 護団からの報告(ZOOMでの出演に変更になりました)
* 海渡雄一弁護士:「全国の原発裁判の動向について」
* 甫守一樹弁護士:「東電株代裁判で明らかになったことについて」
* 大河陽子弁護士:「原発事故の悲惨さと避難の困難性について」
* 北村賢二郎弁護士:「民事裁判と刑事裁判の判決の比較などについて」

* 被害者のスピーチ
* 子ども脱被ばく裁判判決について:今野寿美雄さん
* 福島原発過労死裁判判決について:猪狩ありささん
* 甲状腺検査学校検診について:鈴木薫さん
* 東海第二差止判決について:谷田部裕子さん
* 群馬訴訟原告から連帯のアピール:丹治杉江さん

====福島原発刑事訴訟支援団====
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1
https://shien-dan.org/

福島原発刑事訴訟


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち1人1人の力は決して小さくも弱くもありません。
弱いとすれば、直ぐに諦めてしまうから・・何も実現しないのだと思います。

過去の公害病訴訟も、患者さんが見つかって何年も何十年もかけて、国に公害病と認めさせて歴史があります。
今は、インターネットを介して多くの人が情報を共有し、
【放射能災害・放射能公害】を認めるよう行動することができます。

歴史を変える力が大きくなっていることを実証したいと思います。

2021年4月24日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
福島原発刑事訴訟支援団より、明日(4月25日)Zoom「さあ!控訴審へ!東電刑事裁判・逆転勝利をめざす集会」のお知らせ❤静岡放射能汚染測定室