健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

放射線リスク最小化Category Archives

測定室:夏休み明けに、“福島原発汚染水・基準値を上回る”のニュース!!

長い夏休みを終え、測定室の活動は8月21日(火)より通常に戻りました。
スタッフのリフレッシュ休暇に、ご協力、ありがとうございました。

浜松分室で測定をしている測定器

夏休み最後の8月20日(月)、
国が海洋に流そうとしている福島原発の汚染水について、
新聞各社が、放射性物質の濃度が基準値を超えていたことを報じました!

◆朝日新聞デジタル版:2018年8月20日付け
https://digital.asahi.com/articles/ASL8N4CR7L8NUGTB004.html?rm=350  より転記します。

東京電力は20日、福島第一原発で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ低濃度の汚染水について、
保管する大型タンクに入れる前の放射性物質の検査で、トリチウム以外に、ストロンチウム90、
ヨウ素129が国の基準値を超えていたことを明らかにした。
東電はこれまで「トリチウム以外の放射性物質は除去されている」として、十分な説明をしていなかった。

構内で発生した汚染水は、セシウムを吸着する装置と、62核種を除去する装置「アルプス」を通り、
取り除けないトリチウムを含む汚染水がタンクに保管されていると説明されていた。

 だが、「アルプス」の出口で汚染水を定期的に調べている分析検査で、
トリチウム(半減期12年)のほか、ストロンチウム90(同29年)と
ヨウ素129(同1570万年)が国の基準値を上回っていた。

最大値はトリチウムは1リットルあたり138万ベクレル(基準値の約23倍)、
ストロンチウム90は141ベクレル(同約5倍)、ヨウ素129は62ベクレル(同約7倍)だった。

 東電は「吸着するフィルターの性能が落ちていたことも考えられる」としている。
数値はホームページで公表しており、
国が定める敷地境界の放射線量(年間1ミリシーベルト)も超えておらず、
「保管上は問題はない」としているが、「今後はわかりやすくお知らせしていきたい」とコメントした。

 現在、タンクには約109万トンの汚染水がためられている。
処理を巡っては、海洋や大気での放出といった方法が国で議論されている。

東電によると、仮に放出となれば、事前に検査が行われる。
放射性物質が検出されれば、アルプスに再び送って除去できるという。
東電は「現在の汚染水がそのまま放出されるわけではなく、今回のこととは別問題」としている。
                          (石塚広志)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆この件に関して、
『原子力規制を監視する市民の会/福島老朽原発を考える会』の阪上 武氏は、
HP上(http://kiseikanshi.main.jp/2018/08/22/1312/)で、このように補足しています。

   ~~~~~~~HPより抜粋~~~~~~~~~

トリチウム汚染水については、エネ庁が汚染水処理対策委員会とその下の小委員会で検討し、
海洋放出の方向で調整しようとしており、8月30日と31日には、説明・意見聴取会を予定しています。
規制委員会の更田委員長も一貫して海洋放出を主張しています。

汚染水処理対策委員会や小委員会の議論は、トリチウム汚染水の取り扱いについて、
トリチウム以外の各種はALPSで除去されることが前提となっており、
ヨウ素129などの件については、議論の対象になっていません。
説明・意見聴取会の資料にもありません。一体エネ庁はこの状況を把握していたのでしょうか。
規制委員会はどうでしょうか。

いずれにしろ、トリチウム汚染水の取り扱いについては、説明・意見聴取会の開催の前提も崩れた状況だと思います。

ヨウ素129の危険性については以下が参考になります(美浜の会)
http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/rokkasho_series7.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆改めて、ヨウ素129の危険性について、読んでみると、
福島原発の汚染水だけでなく、六ヶ所の再処理工場の排水への心配が蘇ります。

処理できない汚染を、『基準値以下なら海に流しても良い』と誰が決めたのか・・
暗澹とする夏休み明けです。

処理できない汚染を出す施設・技術を使い続ける事を、再考しないまま、
汚染をなかったことにするのは、政策とは言えない!!と政治の無策が無念です。

元に戻せない破壊や汚染を決してしない・・・。
私たちの願いを、しっかりと持ち続けることの大切さを痛感します!!

2018年8月24日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
測定室:夏休み明けに、“福島原発汚染水・基準値を上回る”のニュース!!静岡放射能汚染測定室

既刊の『測定室だより』第48号(2016年2月10日発行)の全頁を公開します❤

『測定室だより』は、当室の会員通信として発行をしていますが(最新号は第67号2018年5月20日発行)、
会員で共有をし終えた情報を、随時、公開をしています。

今回、公開します『測定室だより』第48号は、2016年2月10日発行の会報です。

たより48号表紙

◆48号には、
2015年11月22日~12年月17日まで測定した、
食品55検体と環境測定1検体の測定結果を掲載しています。

今号の測定では、
●こだわりの味協同組合(当測定室特別会員)の認定食品を33検体の測定をしています。
こだわりの味協同組合の認定食品は、毎年、定期的に測定をしてくださっていますので、
今年も、季節がら新米の測定や、2015年産の豆類を多く測定をしています。

❤特記すべき記事は、
①ストロンチューム90の人への影響について

 福島原発事故後、日本では一般に測定されていないストロンチューム90を、
 乳歯を保存して、実際の汚染状況を測定する活動を呼びかけている“乳歯保存ネットワーク”からの記事と呼びかけを掲載しています。


②今、8000ベクレル以下の環境資材を建築用に使用できるように、国が進めようとしていますが、
 すでに、2015年の時点で、東京都の焼却灰が『エコセメント』として、
 転用されている記事も、掲載しています。

エコセメント!??


 この『測定室だより』第48号の全頁は、以下のURLでご覧いただけます。
                ↓
            https://goo.gl/78Gt2e

(注):公開期間は半年(2018年12月23日まで)となります。
    その後は、測定室にメールにて、データをご請求ください。
  
    当ホームページで公開されている会報のデータは無料で、
    直接、PDFデータをお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、紙面でご利用になりたい場合も、ご一報ください。
当HPで公開しました『測定室だより』第1号~48号は、1号250円(定価500円)送料込でお送りします。

❤申し込み先: mail: ssokuteisitu@yahoo.co.jp
        電話/Fax:054-209-2021 (火~木 10:00~16:00)
       
何らかのお役にたてれば、幸いです。

放射能の内部被ばくは、その存在を知り、避け方を知っていけば、必ず、減らせるものです。

忘れず、諦めず、知らないために不安を感じる事のないように情報を共有していけたらと願っています。

❤明日が、今日よりほんの少し、安心できる社会になるよう・・1歩1歩、味わって丁寧に生きられますように・・。

2018年6月23日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
既刊の『測定室だより』第48号(2016年2月10日発行)の全頁を公開します❤静岡放射能汚染測定室

既刊の『測定室だより』第47号(2015年12月30日号)の全頁を公開します❤

『測定室だより』は、当室の会員通信として発行をしていますが(最新号は第66号)、
会員で共有をし終えた情報を、随時、公開をしています。

今回、公開します『測定室だより』第47号は、2015年12月30日発行の会報です。

たより47号表紙


◆47号には、
2015年10月19日~2015年11月19日まで測定した、
食品62検体(64測定)と地域安心マップの環境測定30検体の測定結果を掲載しています。

今号の測定では、
●こだわりの味協同組合(当測定室特別会員)の認定食品を46検体の測定をしています。
こだわりの味協同組合の認定食品は、毎年、定期的に測定をしてくださっていますので、
特にお茶など、原発事故後、わずかにセシウムを検出した検体も時を経て、不検出になっていることを確認できるなど、
『安心・安全』を一緒に確認させてもらえることは、とてもありがたいことだと思っています。

❤特記すべき記事は、
磐田市の市民グループが、磐田市教育委員会と一緒に、
地域安心マップを作成するための環境測定を実施してくださっている結果を報告しています。

磐田市で地域安心マップを作成するための測定をしてくださっているのは、
ママたちのグループ『子どもの健康と環境を考える会』です。

2012年から毎年、磐田市と協働で公園や小学校、中学校など、子どもたちが過ごす環境の測定を続けて下さっていますので、
汚染が高い場所は、放射性物質を含んだ土を取り除く作業も学校が行ってくださっています。
地域で信頼が厚いグループだからできる活動だと、思います。

各地で、こうした動きが作れたら放射能を見える化できますね❤

磐田市地域安心マップ報告


磐田市地域安心マップ測定結果


磐田市地域安心マップ地図

この『測定室だより』第476号の全頁は、以下のURLでご覧いただけます。
                    ↓
               https://goo.gl/BqyHVU
           

 (注):公開期間は半年(2018年11月5日まで)となります。
    その後は、測定室にメールにて、データをご請求ください。
  
    当ホームページで公開されている会報のデータは無料で、
    直接、PDFデータをお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、紙面でご利用になりたい場合も、ご一報ください。
当HPで公開しました『測定室だより』第1号~47号は、1号250円(定価500円)送料込でお送りします。

❤申し込み先: mail: ssokuteisitu@yahoo.co.jp
        電話/Fax:054-209-2021 (火~木 10:00~16:00)
       
何らかのお役にたてれば、幸いです。

放射能の内部被ばくは、その存在を知り、避け方を知っていけば、必ず、減らせるものです。

忘れず、諦めず、知らない事での不安を皆さんと情報を共有することで、減らしていけたらと願っています。

❤明日が、今日よりほんの少し、安心できる社会になるよう・・1歩1歩を味わって丁寧に生きられますように・・。

2018年4月30日
馬場利子記

 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
既刊の『測定室だより』第47号(2015年12月30日号)の全頁を公開します❤静岡放射能汚染測定室

『モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)の継続配置を求める要請書』への賛同呼びかけがありました!

福島県の『モニタリングポストの継続配置を求める市民の会』より、
緊急の呼びかけがありました。

皆さんの賛同を呼びかけます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、呼びかけです・・・・・・・・・・・・・・

〜福島県民からの緊急のお願い〜

モニタリングポストの継続配置を求める要請の賛同団体になってください。

皆さま、

 各地でのいのちを守るお働きに心からの感謝と敬意を申しあげます。

 東京電力福島第一原子力発電所事故後、リアルタイム線量測定システム(いわゆるモニタリングポスト)が示す数値は、
いつでも誰もが、自分たちの生活が安心できるものであるかどうかを知る最低限度の情報となっていました。

 しかし、2018年3月20日、原発事故から7年を経て空間線量に不安はなくなったと判断した原子力規制委員会は、
2020年度末までに避難指示・解除区域市町村外にあるリアルタイム線量測定システム約2400台を撤去し、
避難指示・解除区域市町村に移設することを発表しました。

私たち「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」は行動を始めるにあたり、県内各市町村の意見書を確認したところ、
殆どの自治体が住民の不安などを理由に、国の撤去する方針に反対または戸惑いを持っていることが分かりました。

つまり今回の撤去は、安倍晋三首相が事ある毎に発言する「福島県民の声に寄り添いながら」から大きく乖離し、
県民の声を無視した一方的な決定にほかなりません。

私たちに保障されている「知る権利と決定する権利」を行使し、リアルタイム線量測定システムの撤去を撤回し、
継続配置を求めて、緊急要請行動を起こします。

皆さまが所属する団体も賛同団体として加わっていただけますよう、お願い申しあげます。

モニタリングポストの継続配置を求める要請書はこちらのURLからご覧ください。
                               ↓
                          goo.gl/QU4gZt
<要請書原文は↓>

モニタリングポスト要請書



賛同いただける団体は、下記メールアドレスまで団体名をお知らせください。

・締め切り:4月14日(土)24:00

E-mail:monitoringpost.shimin@gmail.com

2018年4月10日

     モニタリングポストの継続配置を求める市民の会
          共同代表 鈴木真理 千葉由美 片岡輝美

・・・・・・以上です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市民の声で、福島県の行政の活動を支えられるチャンスです!
福島県の行政の人々も、県民の健康と暮らしを守りたいと、心から望んでいてくださるはずです。

どうか、よろしくお願いします。

2018年4月13日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)の継続配置を求める要請書』への賛同呼びかけがありました!静岡放射能汚染測定室

3月30日(金)~4月9日(月)春休みをいただきます❤  測定室の2018年総会を6月9日(土)に開きます♪

測定室の活動年度は、6月1日~翌年5月30日までの1年ですが、
総会の準備のために、会計や活動報告などは、通常年度の3月30日で区切ってまとめをしています。


そんな事もあり、プラムフィールドは3月30日(金)~4月9日(月)春休みをいただいていますが、

測定室は、『測定室だより』第66号の編集と発行、総会の資料つくりなど、
春休み中も、何やかやと楽しく作業を続けています。


2018年の総会日程も決まりました❤

今年の総会は6月9日(土)会場は測定室(プラムフィールド)です。

どうぞ、遠方の方も、測定室での総会ですので、
4月からスタートする『食卓の安心測定』(会員の方の食卓を守るために、限定食品の無料の測定)の測定品を持参して、参加してください。
測定作業を、総会の後の昼休みに皆さんと一緒に行いたいと思っています。

食卓の安心測定(測定料無料)のお知らせ

❤総会日程と『食卓の安心測定』については、現在、発送の準備をしている『測定室だより』第66号(4月20日号)にお知らせをしています❤

『測定室だより』第66号(4月20日号)のお届けまで、少々、お待ちください♪

どうぞ、皆さんも春爛漫の日々を楽しくお過ごしください。
私たちスタッフも、新しい命が芽吹く春を大いに愛しみたいと思っています。

2018年3月30日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
3月30日(金)~4月9日(月)春休みをいただきます❤  測定室の2018年総会を6月9日(土)に開きます♪静岡放射能汚染測定室