健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

2:測定室からのお知らせCategory Archives

夏休みのお知らせと、『トリチウムを含む福島原発放射性廃液の海洋投棄に反対する決議』への賛同呼びかけ♫

静岡放射能汚染測定室は、事務所になっている“プラムフィールド”の夏休みに合わせて、
7月27日(金)~8月20日(月)まで、活動をお休みします。

プラムフィールドは夏休みに入っています❤



◆夏休み中、お急ぎの連絡がある方は、

 mail;ssokuteisitu@yahoo.co.jp
Fax:054-209-2021 にお願いします。

 折り返し、ご連絡させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

❤『トリチウムを含む福島原発放射性廃液の
      海洋投棄に反対する決議』への賛同要請が届きました。

 以下─── 渡辺悦司 (市民と科学者の内部被曝問題研究会)からのメールを転記します。

 賛同される方、ぜひ下記までメールお送りください。

—–Original Message—–

山田耕作
皆様 20日に決定した決議文への賛同者を募集中です。
全国へ、世界へ拡散ください。
原子力規制委員会や東京電力に送り、トリチウム廃液の投棄をやめるよう要請します。
 
◆賛同者して下さる方は、mail: kosakuyamada@yahoo.co.jp (山田)までお知らせください。

以下、決議を貼り付けます

____________________________________________

トリチウムを含む福島原発放射性廃液の海洋投棄に反対する決議

         市民と科学者の内部被曝問題研究会有志及び
                        内部被曝を憂慮する市民と科学者

                      2018年7月20日

 福島原発事故によるトリチウム総量は、約3400兆ベクレル、2014年3月でタンク貯留水中に
830兆ベクレルのトリチウムがあると発表されている。
 この膨大な放射性廃液はその後も増加する一方である。

 そのため、漁連などの反対運動の隙があれば、政府・東電はトリチウムを含む
福島原発事故廃液の処理・処分として、それを希釈して海洋に投棄しようとしてきた。

 現在、ここに至っていよいよ政府は海洋投棄の実施に踏み切ろうとしている。
原子力規制委員会の更田豊志委員長は規制するどころか海洋投棄を提唱し、先導している。

 我々は以下の理由で放射性廃液を海洋に投棄することは決してすべきでないと考える。

1.トリチウムは生命・健康への危険性が少ないと誤解されているが、非常に危険な放射性物質である。

 なぜなら、人体の大部分を占める通常の水と化学的に区別がつかず、生体のあらゆる場所に取り込まれ、
 内部から被曝させ、活性酸素等を介して間接的に細胞膜やミトコンドリアを破壊する。

 また、直接的に遺伝子、DNAの化学結合を切断する。トリチウム特有の危険性として遺伝子の水素原子とトリチウムが入れ替わると
ベータ(β)崩壊でトリチウムがヘリウムに変わることによって遺伝子の化学結合が切断される。
 植物は炭酸同化作用によって水と炭酸ガスからでんぷんを作る。このでんぷんの水素原子がトリチウムに変わることによって
有機トリチウムが形成され、動植物や人間が体の一部としてその有機トリチウムを長期間取り込み、内部被曝する。

2.このようにして、原発から放出されたトリチウムによって玄海原発周辺の住民の白血病の増加、
 世界各国の再処理工場周辺の小児白血病の増加、原発周辺の小児がんの増加等が報告されている。
 現実に被害が発生しているのである。

3.たとえ、希釈して海洋投棄されたとしても食物連鎖などの生態系を通じて濃縮される。
 さらに気化してトリチウムを含む水蒸気や水素ガスなどとなって陸地に戻り、環境中を循環する可能性がある。

 希釈すれば安全というのは過去に多くの公害問題でくりかえされた誤りであり、環境に放出される総量こそ問題である。
 それ故、放射性物質や有害物質は徹底的に閉じ込め生態系から隔離することが公害問題では唯一正しい原則的な対応である。

 以上のようにトリチウムは半減期が12年と長く、長期にわたって環境を破壊する。
生体の大部分を、さらに遺伝子をも構成する水素の同位体であるから、希釈して投棄して安全とは言えない。

 それ故、トリチウムの海洋投棄を決して行わないよう政府・原子力規制委員会に強く要請する。

____________________________________________

どうぞ、猛暑が続き、台風も変則的な軌道を進み、異変が続きますが、
皆さまも、心と体を緩めながら、
それでも、福島の子どもたち、豪雨で被害を受けた西日本の方々に想いをはせ、
平和と平安を祈りながら、お過ごしください。

測定室は、8月21日(火)より通常の活動を再開します。
よろしくお願いします。

浜松分室にて、分室室長:杉浦直樹さんと馬場利子

2018年7月28日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
夏休みのお知らせと、『トリチウムを含む福島原発放射性廃液の海洋投棄に反対する決議』への賛同呼びかけ♫静岡放射能汚染測定室

6月9日(土)総会記念学習会報告❤

第7回 静岡放射能汚染測定室総会 記念学習会報告  
                     報告者:スタッフ:宮本万倫子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演題:内部被ばくに関連する福島由来の放射性微粒子について

講師:河野益近氏

放射能による健康被害には、外部被ばく(空間線量)だけではなく、
食べ物などと一緒に体内に取り込まれる放射性物質によっておこる内部被ばくもあります。
内部被ばくについては、多くの情報があり、私たちも食べ物の測定などを通して、被ばくの軽減に努めています。
 ところが、体内に取り込まれる極小微粒子の存在が明らかになり、
原発裁判でもそのリスクを指摘されるようになりました。
当測定室アドバイザーである河野さんは、その放射性微粒子の調査と測定に取り組まれています。

福島原発事故の現状についてお話を伺いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会場:静岡放射能測定室     時間:13:30~16:00

参加者:24名(会員15人、一般3人、スタッフ6人)   進行:スタッフ/榛葉真理子

近年、不溶性放射性微粒子の存在がわかってきました。
これは東京電力福島第一原発事故の際に、溶け出した核燃料から放射性セシウムが放出され、
建屋内の断熱材に吸着され、断熱材が溶けてガラス状になる時、セシウムが取り込まれ、
爆風によって飛び散る時、小さな粒子になって遠くまで飛散したということです。

水溶性だと思っていたCs137。体内に入っても、体液でうすまり、排出されると思っていましたが、
不溶性では体液にも溶けず、肺に入った場合は長く留まり、その影響はまだわかっていませんが、
確率論的には必ず誰かに影響が現れるとのことです。

午前に行われた総会時の意見交換の際に、復興庁が作成した小学生向けのポスターの紹介がありましたが、
その内容と午後の勉強会の内容の違いに戸惑いを覚えました。

◆金子みすゞの「星とたんぽぽ」の詩を思い出しました。
   見えぬけれども あるんだよ、
   見えぬものでも あるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

♠学習会レジュメ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

❤参加者の感想❤

学習会 感想         報告者: Toshiko・K  静岡市在住

 「プラムフィールド」の活動と「放射能汚染測定室」の存在は知っていましたが、
どこで、どんな活動をされているか具体的には知りませんでした。

浜岡原発再稼働反対の活動にも参加していますが、セシウム?ウラン?ストロンチウム?
そして数値についてもmSV?、測定下限値以上か以下か?など知らないまま、
むしろ理解は無理であろうと思っていました。

しかしFBで「静岡放射線汚染測定室7周年記念学習会」が開催されることを知り、
飛び入りで参加させてもらいました。
講師の河野先生が最初におっしゃった「今日覚えて帰ること」として、
「セシウムボールとはどんなものなのか」だけは理解しようと思いました。

会場は生活感あふれ環境にやさしい商品が並ぶ中で、みなさんが肩寄せ合い、
真剣に学習会に臨んでいました。
参加のみなさんは様々な条例や数値もよくご存じで、講師のお話の後は時間オーバーしながらも真剣な質問が続きました。

見えないもの、確定できにくいもの、すぐに表面化しないものに対してもっと真剣に知ることと、
もっと分かり易く拡げないと私たちの健康も、幸福な当たり前の生活も、保障されない事だけは改めて理解できました。

2011・3・11以降、福島、東日本のみならず、日本全土、そして海流に乗って世界を汚染し続ける現実を思うと、
日本は何をやっているんだ!と怒りがわきますが、ともかく少しでも市民の力で変えていかなければいけません。
具体的には「チェルノブイリ法日本版」を市民の手で!と会が発足しています。
チェルノブイリと福島では原発事故後、被ばくからの命・健康を守る保障に大きな違いがあります。
この違いは国内外に日本の現状がいかに人権侵害であるかが明らかであり、
市民に広く理解してもらえるのではないでしょうか。

微力ながら協力していきたいと思います。

♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪・♪

♦測定室からのまとめ♦

■測定室を再開して7年経った総会・記念学習会に参加して下さった方々は、
 放射能そのものを案じたり、不安を感じて参加して下さるのではなく、
福島の子どもたちを守りたいという想いや、国の福島復興対策へのやるせない思いを感じて、
測定を続ける私たちスタッフを見守ってくださる気持ちで来てくださったことを、ひしひしと感じました。

原発震災からまだ7年。
国の放射能から未来を守る政策は、ほとんど不完全で、現実を理解しようとせず、
起こっていることを観ようとしない事は明らかになってきました。

であれば、私たちは何ができるのか・・速攻的な行動は思いつきませんが、
①忘れない
②諦めない
③困難な状況にある人たちへの共感と支援の想いを小さな言葉にする
④放射能公害を防止する活動や子ども支援活動をしてくださっている人たちと想いを繋げていく・・

こうしたことを継続していきたいと改めて思っています。

2018年度も、放射能と共に暮らす方法を見つける活動をどうぞ、よろしくお願いします。

2018年6月18日記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
6月9日(土)総会記念学習会報告❤静岡放射能汚染測定室

『測定室だより』第67号(5月20日号)を発送しました❤

『静岡放射能汚染測定室だより』は会報として発行しています。

❤すでに会員の皆さんのお手元に届いている頃だと思いますが、
 万一、届いていない場合は、ご一報ください。

❤今号は、2017年度会員通信の最終号となります。

◆今号には、2017年4月11日~2018年3月31日に当室で測定をした
①130種・259検体の全リスト(食品:224検体、環境試料:35検体)

②セシウムを検出した全ての検体名(35検体:食品12検体・環境試料23検体)と測定結果
 まとめて掲載しています。

福島原発事故から7年経った、セシウムの存在と現れをご覧下さい。 

たより67号表紙

『測定室だより』は会報として発行していますが、
購読をご希望の方には、1部500円(送料込)で購入していただいています。
 年間購読料(6号/年)は3000円(会員の方の測定料は、一般の測定の半額以下になっています)です。

  
購読申込みは、mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp 
       ℡:054-209-2021       まで、ご連絡ください。

福島原発事故から7年経った今も、福島原発から排出された放射能は静かに移動しながら、
私たちの周りに存在しています。
私たちに出来る事、実現したい事は、知ることによって放射能から身を守り、
新しい暮らし方を皆さんと一緒に見つけていく事です。

★会員の皆さん、6月9日(土)は測定室の総会です。
 1年に1度、放射能と向き合って、様々なことを学び合ってきましたが、
★今年度の総会記念学習会は、『超微細なセシウムボールの測定と観察、そこから分かってくること』について、
 測定室アドバイザーの河野益近さんが、お話してくださいます。

この学習会には、一般の方も参加いただけます。
暮らしの中で、気を付けることをご一緒に学んでみませんか?

 ぜひ、お時間を作ってご参加ください。

20180506測定室総会記念学習会

❤忘れない ❤諦めない ❤智慧を分かち合う・・をご一緒下さい。

2018年5月21日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第67号(5月20日号)を発送しました❤静岡放射能汚染測定室

6月9日(土)『静岡放射能汚染測定室』第7回総会『記念学習会』を開きます❤ 

福島原発事故から7年が経ち、福島原発について報道される事も少なくなりましたが、
政府は、避難区域の放射線量が低くなったことを理由に、避難者の帰還が進められています。

静岡から、継続的に福島の方たちへの支援活動を行っているグループがありますが、
その人たちが、避難区域の空間線量を測定し、持ち帰って報告してくださる値は、
決して20ミリシーベルト/年以下にはなっておらず、
避難解除される理由は、根拠のない政策と言えます。

放射線の安全性の把握は、空間線量の数値だけで良いはずはありません。

内部被ばくを少しでも減らすために、食べ物の測定を継続してきましたが、
その『内部被ばく』は、食べ物などで体内に入ってくるだけではないことを、
測定によって証明しようと、
当室アドバイザーである河野益近さんが、放射性微粒子の調査と測定に取り組まれています。

今年度の総会記念学習会は
福島原発事故の現状や放射性超微粒子などについて、お話を伺います。
テレビの報道番組でも『セシウムボール』として観察・報告されている放射性超微粒子の存在を明らかにすることで、
子どもたちが、線量の高い土地に暮らすことの健康リスクを指摘することができます。

ぜひ、お時間を作って参加ください。
どなたでも参加していただけます。

測定室総会記念学習会チラシ

この放射性超微粒子について知ると、
環境中に存在するセシウムなどが低い地域でも、土など環境に含まれていれば、
福島から遠い静岡や、その他の地域でも気を付けなければならないことが、分かります。

会場は、測定室の事務所で行いますので、
『食卓の安心測定』の申し込みや試料の持ち込みも当日、お受けいたします。

食卓の安心測定:会員は測定料無料

一般の方もぜひ、お時間を作って、放射能と共に暮らす知恵を共有ください❤

❤当日は、呈茶と小さなお菓子を準備しますので、参加の申し込みをお願いします❤
 <参加申し込み・問い合わせ> ☎054-209-2021 火~木 10:00~16:00
               mail; ssokuteisitu@yahoo.co.jp 

忘れないこと・諦めないこと・そして未来を創る勇気を共有する・・
学習会にぜひ、ご参加ください♪

2018年5月6日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
6月9日(土)『静岡放射能汚染測定室』第7回総会『記念学習会』を開きます❤ 静岡放射能汚染測定室

『モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)の継続配置を求める要請書』への賛同呼びかけがありました!

福島県の『モニタリングポストの継続配置を求める市民の会』より、
緊急の呼びかけがありました。

皆さんの賛同を呼びかけます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、呼びかけです・・・・・・・・・・・・・・

〜福島県民からの緊急のお願い〜

モニタリングポストの継続配置を求める要請の賛同団体になってください。

皆さま、

 各地でのいのちを守るお働きに心からの感謝と敬意を申しあげます。

 東京電力福島第一原子力発電所事故後、リアルタイム線量測定システム(いわゆるモニタリングポスト)が示す数値は、
いつでも誰もが、自分たちの生活が安心できるものであるかどうかを知る最低限度の情報となっていました。

 しかし、2018年3月20日、原発事故から7年を経て空間線量に不安はなくなったと判断した原子力規制委員会は、
2020年度末までに避難指示・解除区域市町村外にあるリアルタイム線量測定システム約2400台を撤去し、
避難指示・解除区域市町村に移設することを発表しました。

私たち「モニタリングポストの継続配置を求める市民の会」は行動を始めるにあたり、県内各市町村の意見書を確認したところ、
殆どの自治体が住民の不安などを理由に、国の撤去する方針に反対または戸惑いを持っていることが分かりました。

つまり今回の撤去は、安倍晋三首相が事ある毎に発言する「福島県民の声に寄り添いながら」から大きく乖離し、
県民の声を無視した一方的な決定にほかなりません。

私たちに保障されている「知る権利と決定する権利」を行使し、リアルタイム線量測定システムの撤去を撤回し、
継続配置を求めて、緊急要請行動を起こします。

皆さまが所属する団体も賛同団体として加わっていただけますよう、お願い申しあげます。

モニタリングポストの継続配置を求める要請書はこちらのURLからご覧ください。
                               ↓
                          goo.gl/QU4gZt
<要請書原文は↓>

モニタリングポスト要請書



賛同いただける団体は、下記メールアドレスまで団体名をお知らせください。

・締め切り:4月14日(土)24:00

E-mail:monitoringpost.shimin@gmail.com

2018年4月10日

     モニタリングポストの継続配置を求める市民の会
          共同代表 鈴木真理 千葉由美 片岡輝美

・・・・・・以上です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市民の声で、福島県の行政の活動を支えられるチャンスです!
福島県の行政の人々も、県民の健康と暮らしを守りたいと、心から望んでいてくださるはずです。

どうか、よろしくお願いします。

2018年4月13日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システム)の継続配置を求める要請書』への賛同呼びかけがありました!静岡放射能汚染測定室