健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

2:測定室からのお知らせCategory Archives

測定室の連休♪ 明日(4月30日)は『子どもを守るための上映会と講演』当日です♥

測定室は、4月26日(金)~5月6日(月)連休を頂きます♥

●お休み中、
 測定の申し込みは、メールで:ssokuteisitu @yahoo.co.jp ご依頼ください。
 測定は、休み明けになりますが、測定予定日をお知らせします。

4月30日(火・祝)の参加申し込みは、直接、会場にお越しください。
 当日参加も前売り参加券と同じ500円。高校生以下無料です。

♦日本の歴史の中で、大きな公害問題として刻まれていく福島原発事故ですが、
原発事故は福島原発が人類最初の経験ではありません。

私たちがこの公害問題による健康被害を最小限にしていく経験と知恵が
上映映画『チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量被ばくの現地から』で報告されています。

福島原発事故から8年。今だから分かること、できる事を皆さんと共有したいと思っています。
ぜひ、ご参加ください。 
 

2019年4月29日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
測定室の連休♪ 明日(4月30日)は『子どもを守るための上映会と講演』当日です♥静岡放射能汚染測定室

4月30日(祝・火)『子どもを守るための上映会と講演』を開きます❤

福島原発事故から8年が経ちました。
原発事故による放射能汚染は現在も続き、緊急事態宣言が出されたままの日本。

起こってしまったことは消せませんが、放射能による健康被害から子どもたちを守りたいと願い、
私たちにできる事を多くの方と共有したいと願って、上映会と講演を準備しました。

上映作品は、2014年に制作された映像記録『チェルノブイリ28年目の子どもたち』。
講演者はOurPlanet-TV 代表の白石草(はじめ)さんです。

この上映会開催は、
福島原発事故前(1986年)にソ連で起こった原子力発電所の事故に対して、
子どもたちの健康を守るための法律ができ

(通称:チェルノブイリ法:年1ミリシーベルトを超える被曝線量が推定される住人の移住や保養などを国が支援する法律)
ソ連で、現在も子どもたちに対して多くの支援が行われている事を、知り、
私たちも子どもたちのためにできる事を学び、実現する事を目的にしています。

開催に当たっては、同じ願いを持つ団体・個人の賛同を募り、実行委員会方式で準備をしています。
共催・賛同団体は、事務局となっているプラムフィールドや静岡放射能汚染測定室と日頃からつながりのある30団体・個人です。

この映像報告はチェルノブイリで、年間1ミリシーベルト以下の低線量地域の子どもたちの様子を取材していますので、
静岡に住む私たちにも少なからず、起こり得る健康被害の内容を知ることができます。
と同時に、ソ連が国の政策として子どもたちに行っている多様な取り組みを知ることで、
これから先、日本でも必要であれば、できることがたくさんあることが理解でき、勇気が湧く映画です。

「まず、知ることからしか始まらない!」私たちはそう思っています。
福島原発事故の影響は、私たち大人が解決すべき問題ですが、
長く、向き合わねばならないのは、現在、幼い子どもたちです。

そのため、今回の企画は高校生以下、無料で参加してもらえるようにしました。
映像には日本語のアナウンスがありますので、小学生高学年であれば、理解できる内容です。
 
公害問題は、歴史が示すように、社会的に解決するためには、多くの年月がかかります。
福島原発事故とはなんなのか、事故後8年経った今、ご一緒に考えていただければと思います。

ぜひ、ご参加ください!

参加券は、チラシにある共催団体・賛同団体で取り扱っています。
お近くにお知り合いがない場合は、測定室&プラムフィールドが実行委員会事務局になっていますので、
お申し込みください。

☎&fax: 054-209-2021 (☎は火~木 10:00~16:00)
mail : ssokuteisitu@yahoo.co.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
できる事をきちんと行える国でありたいと心から願っています

2019年4月17日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
4月30日(祝・火)『子どもを守るための上映会と講演』を開きます❤静岡放射能汚染測定室

3月15日(金)14時25分頃 “放射能を話そう♪”のお話などで、 FMhi静岡(76.9MHZ)にお招きいただきました❤

3月20日(水)10:30~ 第60回“放射能を話そう♪”を開きます。

今回は、テーマを決めて、講師をお招きしています。
テーマは、文部科学省が全国の小・中・高校生向けに配布を進めている『放射線副読本』について。

この副読本が各校に配られて直ぐから、測定室の会員さんからも
「内容が不正確だし、間違っている事も書かれている。こんな教材を生徒全員に配られるのは、おかしいと思う」など、
多くに意見をいただいていました。

中には、教員の方から、内緒で持って来てくださる方もあり、
測定室としても、内容について調べていました。

今回、3月20日(水)の第60回“放射能を話そう♪”を告知している中で、
 FMhi静岡(76.9MHZ)の金曜担当にパーソナリティさんが、気づいてくださり、
番組で紹介をしてくださるとのことで、お話しに行ってきます❤

もう、今日15日の午後(14:25頃)になりました。
丁寧に、子どもたちを守るためお話をしてきます。

お時間のある方は、お聴きください❤

2019年3月15日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
3月15日(金)14時25分頃 “放射能を話そう♪”のお話などで、 FMhi静岡(76.9MHZ)にお招きいただきました❤静岡放射能汚染測定室

ストロンチウムの測定『はは測定所開設』記念講演開催(3月24日岐阜市・3月28日東京)のお知らせ❤

当測定室も賛同団体になっています“乳歯保存ネットワーク”の主催で、
スイス・バーゼル州立研究所のマルクス・ツェーリンガー博士の招聘講演会が開かれます。

この講演会は、昨年(2018年)岐阜市にストロンチウムを測定する測定所を開設した記念講演です。

3月24日(日)14:00~16:30 岐阜市文化センター
3月28日(木)12:30~16:50 東京 衆議院第2議員会館B1
 にて。

参加費は無料です。

お近くの方は、
1950年以来、スイスの国家プロジェクトとして、乳歯・牛乳・草・土・穀物・ライン川の魚・食品などの
ストロンチウムを測定している見地をお聴きください。

3月24日(土)岐阜市での講演会


まだまだ、未知の福島原発事故の放射能汚染。
測定をし、記録を残して後世に伝える事を、国が放棄するのであれば、
市民の役割は大きい課題です。

ご一緒に考えていきたいと思います。

2019年3月3日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
ストロンチウムの測定『はは測定所開設』記念講演開催(3月24日岐阜市・3月28日東京)のお知らせ❤静岡放射能汚染測定室

皆さんへのお願い ~子どもたちを守るための上映会と講演会~(4月30日 日・祝)の開催を一緒に準備して下さる方を募っています❤

<皆さまへ お願いです>共催団体(個人)・賛同団体(個人)になってください。

福島原発事故から8年、放射能による健康被害を最小限にするためにできることを
   もう1度、多くの人と学び合う【上映会と講演会】を開く準備をしています。

【開催目的】
①チェルノブイリで子どもたちを守るために行われている政策について学び、
  日本の政策に活かすアクションを提案したい。
②「福島原発事故後の放射能による健康被害を少なくするために、充分な政策を実現してほしい」
   という同じ願いを持つグループや個人が繋がって、多くの人に私たちができる事を伝えたい。

【共催・賛同いただきたい企画内容】

~ 子どもたちを守るための上映会と講演 ~ 
日時:2019年4月30日(火・祝) 14時00分~16時00分
会場:アイセル21 大ホール 静岡市葵区東草深3-18(定員:200人)
参加費:参加券500円 高校生以下無料

主催:賛同グループを募り、上映実行委員会として開催します。

・映像記録『チェルノブイリ 28年目の子どもたち~低線量被曝の現場から』(Ouepkanet-TV制作)
チェルノブイリ原発事故から28年経った現在のウクライナを取材し、
低線量の地域(年間1msv以下の地域)でも子どもや住民の罹患率が上がっている中、学校や医療機関で
どのような健康診断を行い、保養につなげているのか?
日本にとって、参考になる取組みや日々の暮らし方、行政や専門家の声をまとめています。(本編43分)

『チェルノブイリ 28年目の子どもたち~

この映像はすでにインターネットでも映像が配信され、どなたでも観ることができますが、
自宅で観るのは心のハードルが高いテーマですので、今回、DVDを購入し、
皆さんと一緒に、チェルノブイリの子どもたちの様子や、子どもたちの健康を守るために、
ウクライナの国がどの様な政策を実施しているのかを学んでみたいと思います。

『チェルノブイリ 28年目の子どもたち~低線量被曝の現場から』

講演:子どもたちを守るチェルノブイリと日本の今』(仮 演題は3月の実行委員会で決定)
講 師:Ouepkanet-TV代表 白石草さん

Ouepkanet-TV代表 白石草さん

講師紹介:1969年生まれ。1993年早稲田大卒業後、
テレビ朝日系の制作会社、東京メトロポリタンテレビジョンを経て2001年、非営利のインターネット放送局「OurPlanet-TV」を設立。
2009年から2017年まで一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻客員准教授。
2012年、日本女性放送者懇談会の「放送ウーマン賞」、日本ジャーナリスト会議の「JCJ賞」を受賞。
福島第一原子力発電所事故をめぐる東京電力のテレビ会議を題材にしたドキュメンタリー『東電テレビ会議49時間の記録』で2014年、日本科学技術ジャーナリスト会議の「科学ジャーナリスト大賞」受賞。

著作:『ビデオカメラでいこう〜ゼロからはじめるドキュメンタリー制作』七つ森書店、2008年3月
『メディアをつくる〜「小さな声」を伝えるために』岩波書店、2011年
『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち ウクライナの取り組みに学ぶ』岩波書、2013年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【共催グループ・団体(個人)・賛同団体(個人)になっていただくお願い】

この企画は、実行委員会方式で開催します。
共催グループ・団体(個人)・賛同団体(個人)になっていただいた場合、
遠方で実行委員会に参加できない場合は議事録等、経過報告をお伝えしていきます。

この企画で余剰金が出た場合は、今後、実行委員会で検討する
『福島の子ども支援、健康支援』を行っている団体に全額寄付をします。

【共催グループ・団体(個人)・賛同団体(個人)になっていただくには】
① 共催グループ・団体 : 3.000円 (参加券500円 を7枚お渡しします)
       個人 : 2.000円 (参加券500円 を5枚お渡しします)
賛同グループ・団体 : 2.000円 (参加券500円 を5枚お渡しします)
       個人 : 1.000円 (参加券500円 を3枚お渡しします)

② 共催・賛同登録をお願いします。 (登録申し込みの締め切りは、3月9日(土))

【共催グループ・団体(個人)・賛同団体(個人)になっていただくと…】
③ お名前を入れてチラシを作成します。周りの方たちにお知らせください。
④ 上映会当日、登録団体のチラシを参加者に折り込み配布をさせていただきます。
 (配布チラシは、4月23日(火)までに、事務局(プラムフィールド)までお持ちください)

【共催団体(個人)・賛同団体(個人)になっていただける方は、下記の登録申込書を送付下さい】

【4.30上映会と講演会実行委員会・事務局は】
静岡放射能汚染測定室(プラムフィールド)の事務所で担当させていただきます。 
  住所:静岡市葵区安東1-2-3 プラムフィールド tel&fax: 054-209-2021(火・水・木)
       事務局担当者連絡先 :090-3954-6563(小笠原学:支援交流虹っ子)
                  070-5034-0920(馬場利子:プラムフィールド)

【登録申込書送付先】 fax: 054-209-2021(プラムフィールド)
               Mail:ssokuteisitu@yahoo.co.jp (測定室)

・・・・・・・・・・・・・ 共催・賛同 登録申込書・・・・・・・・・・・・・・・・

記入月日  (   月   日)

申し込み団体名(個人) チラシに表記する名称で記入ください。

登録区分をお選びください ( )共催団体・( )共催個人・( )賛同団体・( )賛同個人

 担当者名

連絡先(チラシ・参加券送付先) 〒     住所
          ☎   Fax

    担当者のアドレス Mail

    担当者連絡先 携帯電話

チラシの必要枚数   (     枚) 手渡し 又は 郵送希望 (どちらかに○を)

その他 ご希望をお書き下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの方に、
日本では安全とされている低線量(年間1msv)地域でも子どもたちの多くの健康被害が出ている事や、
その健康被害を少なくするための多くの方法があることを知っていただきたいと思っています。

起こってしまった原子力発電所の事故(放射能汚染)を消すことは出来ませんが、
子どもたちを守るための方法を、日本でも実現していくアクションを、皆さんとできる事を
心から願っています。

お力をお貸しください。

2019年2月16日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
皆さんへのお願い ~子どもたちを守るための上映会と講演会~(4月30日 日・祝)の開催を一緒に準備して下さる方を募っています❤静岡放射能汚染測定室