健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

1月 2021Monthly Archives

2021年、測定室再開から10年の年が明けました。

新しい年をいかがお迎えでしょうか?
 旧年中も、測定室の活動を支えていただき、ありがとうございました。

コロナ一色だった2020年。
 年の瀬が近づくにつれ、2021年3月11日を想い、この10年を振り返り、
 原発事故と放射能、放射能から身を守るために叶った小さな事柄を数えてみても・・、
 復興とは無縁の現実は、収束しないコロナ禍と相まって、明るい気持ちになれませんでした。

そんな時、若い友人からマスクのプレゼントをもらいました。

東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の松からできた布

♥このマスクは、
 東日本大震災で1本だけ残った陸前高田市の奇跡の1本松の枝から『コカリナ』(木製の笛)を作り、
 演奏してきた日本コカリナ協会の方たち
が、
 木を布にする技術を持つ繊維メーカーの協力を得て、1本松の木片から布を作り、
 その布で作られたものです。

♥コカリナの教師をしている友人は、
私たちは大きな支援はできないですが、コカリナマスクを販売した収益で、
 熊本豪雨の被災地の方たちに、このマスクを贈らせてもらいました。」・・と話してくれました。

コカリナマスク説明書

「私たちは大きな支援はできないですが・・・」の言葉を聞いて、はっとしました。
 私が気持ちが晴れなかったのは、放射能や原発政策を変える『大きな成果』を期待していたからでした。

 こうして、いろいろな人たちが、困難を乗り越えるために想いを行動に替え、
 『困難を人ごとにしない』『できることで愛を伝える』活動が続いている事に、
 私の小さな独りよがりは吹き飛びました!!!

世界は・人は素晴らしい愛に満ちている・・♥

♥2021年、311から10年になる今年も、
『大きな成果は出せないかもしれないけれど、311を忘れず、
 311だけでなく多くの被災者の方や、コロナで新たな困難を抱えた人たちに想いを寄せて、
 私たちにできることを続けたいと思います。
  

本年もよろしくお願いします。

2021年1月元旦
馬場利子記 

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
2021年、測定室再開から10年の年が明けました。静岡放射能汚染測定室