健やかないのちとくらしを未来へ・・・ 

311を忘れないin静岡(街頭募金報告)Category Archives

『測定室だより』第30号を発行しました。

4月30日号の『測定室だより』第30号を会員の方々に、発送を終えました。

 

今号では、
◆2014年2月17日~3月31日に当室で測定をした
食品45検体(内4検体は浜松分室調べ)、環境試料6検体の測定結果を報告しています。

測定で特記すべき試料は、
静岡県内で産出されたストーブ用ペレットの灰の測定結果でした。
予想以上の汚染の高さで、焼却に依るセシウムの濃縮を実測値として確認しました。

◆2014年3月11日に活動を始めた“311を忘れないin静岡”の
街頭募金の活動報告もしています。

◆また、毎月開催している“放射能を話そう♪”の報告では、
参加して下さった方の感想を掲載していますが、
今号では、初めて参加して下さった方の感想に、
“放射能を話そう♪”を開催する事の意味を改めて、感じることができる内容になっています。

この『測定室だより』は、当室の会報として発行していますが、
購読を希望されるかたは、
1部 500円で購入していただく事が出来ます。
年間購読料は、3000円(送料込み) です。

ご希望の方は、ご連絡ください。
mail : ssokuteisitu@yahho.co.p
電話 : 054-209-2021

放射能と共に暮らさねばならなくなった日本。
リスクを最小にする方法と知恵を、分かち合っていきたいと思います。

◆当室会員の方で、まだ、たより30号が届いていない方がありましたら、
ご一報ください。
直ぐにお送りします。

2014年4月30日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
『測定室だより』第30号を発行しました。静岡放射能汚染測定室

“311を忘れないin静岡”街頭募金のご報告♪

2014年3月11日(火)に行いました街頭募金に寄せられたお気持ちは 143.917円になりました。

すでに311の街頭募金の第一報は、当HPでご報告していますが、
その後、口座振り込みへの寄付金も多くの方からご協力いただき、
3月28日(金)時点で、14万円以上の寄付を頂きました。

この寄付金は、全て福島の子どもたちの支援に使わせていただきます。

街頭募金のための道路使用料や、配布資料・チラシの印刷代などは、
活動の呼びかけ4団体が均等に負担し、今後も
6月11日(水) ・ 9月11日(木) ・12月11日(木)の11:30~13:30 
に、街頭募金を継続して行っていきますので、よろしくお願いします。

今回の寄付金の中から、“虹っこ”(http;//nijikko.comi.in/)を通して
福島県内6つの幼稚園に、1園あたり1万円分の果物(放射能測定をして不検出を確認)を届けていただきます。

残りの83.917円は、次回6月11日の街頭募金と合わせて、
8月に静岡で行われる保養プログラム〝わくわくピクニック”の費用に
寄付をする予定です。

この街頭募金は、
街行く人たちにも、福島の子どもたちのことを忘れないで欲しいと願って、
これからも継続して行っていきます。

★集まった寄付金は、
各地で子どもたちの支援を続けていて下さる賛同グループに、
順番に使っていただく予定です★

★この活動への賛同グループ・団体も継続して募集しています★

忘れないこと、諦めないこと、声を伝える事・・
まだまだ、私たちにはできることがあります。

勇気と希望を語り合える人々がいる事に感謝して歩みます。

2014年3月30日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
“311を忘れないin静岡”街頭募金のご報告♪静岡放射能汚染測定室

“311を忘れないin静岡”祈りと街頭募金を終えました。

今日、12:30~15:30
静岡市葵区の青葉シンボルロードで、
福島の子どもたちの健康を願って支援を続けている団体が
緩やかに繋がって、街頭募金を行いました

募金額は、118.658円でした!

測定室での“放射能を話そう♪”に参加して下さり、
午後も募金活動に参加して下さった人、9人も一緒に、
311を忘れないで、これからも子どもたちへの支援を続けていく事を
待ち行く人に伝えました。

今日、集まった募金は、
全額、福島の保育園、幼稚園に野菜を送る活動をしている“虹っこ”を通して、
静岡の新鮮な野菜を送る活動に使っていただきます。

この野菜を送る活動の報告は、改めて報告をさせていただきます。

募金活動に参加した人々の数は30名以上。

震災の起こった14時46分には、
待ち行く人も加わって下さり、一緒に祈りの持ちました。

男子高校生、デート中に若いカップル、可愛い女の子のグループが
次々と、お財布を開いて、募金箱に歩み寄ってくれました。
ずんずん、重くなっていく募金箱に、
私たちが勇気づけられ、心が温かくなるのを感じました。

震災から3年、決して忘れられてなんかいませんでした。

この募金活動は、3か月に1回 (次回は6月11日)、
福島を忘れないために、募金活動を続けていきます。
皆さんもお時間を作って、一緒に想いを伝えてみませんか?

震災から3年、忘れず、動いて下さる皆さんに感謝します。

2014年3月11日
馬場利子記

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
“311を忘れないin静岡”祈りと街頭募金を終えました。静岡放射能汚染測定室